「直樹のお母さんも演じてみたい」と夢を膨らませる佐藤藍子
 - (C)「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」製作委員会

写真拡大

 女優の佐藤藍子が、現在CS放送フジテレビTWOにて放映中のドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」(毎週金曜24時〜)に特別出演することが明らかになった。多田かおるさんの人気漫画を1996年にテレビドラマ化した「イタズラなKiss」(テレビ朝日)でヒロイン・相原琴子を演じた佐藤にとって、シリーズ最新作への出演は17年ぶりのこととなる。

 今回佐藤が演じるのは、看護師。同作で琴子にふんする未来穂香と“歴代ヒロイン共演”が実現した。「今も長く愛される『イタズラなKiss』に17年ぶりに呼んでいただき、不思議な感覚と嬉しさで撮影中もずっとふわふわしていました」と感想を語った佐藤。琴子が恋する完ぺき男子・入江直樹役の古川雄輝を含めて主演の二人を「漫画から出てきたようなルックスでまさにキャラクターそのもの」と絶賛。

 そして、1997年生まれの16歳・未来に対して「私が琴子を演じていた時、まだ未来さんは生まれていない」ことにびっくりしたといい、「気分はお母さんです。また将来ドラマ化するようなことがあれば、今度は直樹のお母さん役も演じてみたいですね」と佐藤は夢を膨らませた。

 「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」は、佐藤と柏原崇(直樹役)主演の連続ドラマ「イタズラなKiss」を再びドラマ化した作品。原作の累計発行部数は約3,000万部を誇り、台湾・韓国でもドラマ化された人気シリーズの最新作だ。ドジな女子高生・琴子が、IQ200のイケメン・直樹に一途な愛を貫くラブ・ストーリーで、佐藤は、6月7日放送の第10話に登場する。(編集部・小松芙未)

ドラマ「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」はCS放送フジテレビTWOにて毎週金曜24時〜25時に放送中