JAL、機内食で「AIRくまモン」の提供を開始 - 国際線欧米路線にて

写真拡大

JALは6月1日より、国際線欧米路線(一部を除く)のプレミアムエコノミー・エコノミークラスで、機内食「AIRシリーズ」第9弾として「AIRくまモン」を提供する。提供期間は8月31日まで。

同シリーズにおいて、自治体とのコラボレーションは初めて。AIRくまモンは、熊本県のキャラクター「くまモン」をパッケージデザインに採用。熊本県のご当地グルメ「太平燕(タイピーエン)」と、熊本県のお菓子メーカー「熊本菓房」による「くまモンカスタードケーキ」を提供する。

太平燕は、熊本市にある老舗中華料理店「紅蘭亭」の葉山料理長が監修。緑豆100%でできた春雨を使用し、鶏ガラと豚骨で仕上げたスープで秘伝の味を再現している。くまモンがデザインされたオリジナル容器で提供され、別添えの具材(揚げたまご、棒棒鶏、レタス)をお好みで入れて味わうことができる。春雨を食べた後のスープには、別皿で提供される焼おにぎりを入れられるとのこと。

容器、トレイマット、リーフレットにはくまモンが施されており、くまモン生みの親であるクリエイティブディレクター・水野学氏が今回のためにデザインした。また、7月〜8月の夏休み期間には、子供用の機内食で特別にデザインされたトレイマットが提供される。

対象路線は、成田発ニューヨーク、ボストン、シカゴ、ロサンゼルス、サンディエゴ、ロンドン、パリ、フランクフルト、ヘルシンキ(ヘルシンキ線は7月1日より提供開始)の路線。対象クラスは、プレミアムエコノミーとエコノミークラスで、目的地到着前の食事として提供される。