二日酔いにきく食材一覧

写真拡大

楽しく飲んで帰ったけれど、朝起きたら頭が痛い、気持ち悪い…これはまさしく二日酔い。そんなときは、二日酔いに効果のある食材はいかがですか?二日酔いと言えばこれ!というおなじみの食材から、ちょっと意外なものまで御紹介します。

■まずは確認、二日酔いのメカニズム

そもそも、飲みすぎた翌朝、体調が悪くなるのはなぜでしょうか?お酒が体内に入ると、肝臓が働いてアルコールを分解をしてくれるのはよく知られていますよね。実は肝臓が取り込んだアルコールは「アセトアルデヒド」という毒性の強い成分に分解されるのです。二日酔いの最大の原因は、このアセトアルデヒド。これが体内に残ることで頭痛や吐き気を引き起こすと言われています。特に、飲んですぐ顔が赤くなる人は、アセトアルデヒドの分解が遅いタイプ。飲み過ぎには気をつけたいところです。

では、アセトアルデヒドを早く分解し、速やかに体の外に出すには、何を食べたらいいのでしょうか?

■まずは水分補給

アルコールを摂取すると体内の水分が奪われ、軽い脱水状態になってしまいます。水分が少ないと代謝が落ちアルコールの分解が遅くなることも。しっかり水分をとり、毒素を早く体外に出してしまいましょう。水の代わりにスポーツドリンクを飲むと、体内に不足していたミネラルも効率良く補給できるのでおすすめです。また、お酒を飲みながら水を飲むと、二日酔いの予防になると言われています。是非お試しを。

■やっぱりシジミのおみそ汁

二日酔いにはコレ!というくらい、肝臓に良いとされるシジミ。シジミには「タウリン」や、「オルニチン」というアミノ酸が含まれています。栄養ドリンクにも含まれることで有名なタウリンには、胆汁の排出を促して解毒作用を高める効果があります。また、オルニチンにはアセトアルデヒドの分解を促進する効果があります。

シジミは小さいですが、その中には肝臓に良い成分がたくさん詰まっています。おみそ汁にすれば栄養たっぷりのエキスをしっかりと取り入れることができますよね。コンビニでも売られているので、二日酔いの朝にはオススメです。

■果物や100%ジュース、他にはこんな食材も?

果物に含まれる果糖はアルコールの分解を早める効果があり、ビタミンCはアセトアルデヒドの分解を促進してくれます。果物がなければ100%ジュースでも代用できますよ。また、柿に含まれる「タンニン」は、アルコールの分解を促進する効果があります。柿のおいしい季節なら、是非試してみたいですね。

その他に、「カフェイン」を含むお茶やコーヒーも、アルコール代謝を促進したり、利尿作用によって水分を排出する作用があるので効果的です。また、ちょっと意外なのが「チョコレート」。アルコールの分解には糖分を必要とします。大量のアルコールを分解すると、体の糖分が奪われて低血糖の状態になることも。チョコレートの糖分を取り入れることで分解を促進できるのです。

飲みすぎなければいいだけ、とも言われてしまいそうですが、やっぱりたまにはハメを外して楽しみたいもの。つらい二日酔いはできるだけ早く解消しましょう!