ニール・パトリック・ハリス

写真拡大

『ママと恋に落ちるまで』でバーニー役を演じるニール・パトリック・ハリスが今年のエミー賞授賞式のホストに決定した。

"TV界のアカデミー賞"とも言われるエミー賞は、アメリカでは4大ネットワークが毎年持ち回りで受賞式を放送している。今年は『ママ恋』の放送局でもあるCBSが担当することもあり、ニールが抜擢された模様。彼がエミー賞の司会を務めるのは、同じくCBSが放送した2009年に続いて2度目となる。俳優だけでなく、歌や踊りの才能にも恵まれ、その上、マジシャンでもあるという芸達者なニールは、司会者としても着実に認められつつあるようだ。その証拠に、今年は演劇やミュージカルを対象にしたトニー賞の授賞式でもホストに起用されている。

エミー賞のホストに決定したニールは、「今年のエミー賞のホストを務めることほど名誉なことも、エキサイティングなこともないよ」とコメント。続けて「それに、完璧なタイミングだ。トニー賞で使う台本をそのまま活用できるからね。"エミー賞ミュージカル部門、最優秀リバイバル賞は『ブレイキング・バッド』です!" ほら、イケるだろ?」と、笑いを含ませることも忘れなかったという。

65回目となる今年のエミー賞は9月22日に結果が発表される。日本では毎年AXNにて放送されているで、ニールの司会ぶりにも注目してみてほしい。トニー賞の受賞式は来週末の6月9日だが、こちらの日本放送は残念ながら今のところ未定。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
『glee』キャストも登場! 長寿アニメ番組『シンプソンズ』 シーズン22、7月からスタート
全米で大人気のコメディ『ママと恋に落ちるまで』シーズン4が6月、日本初登場!
エミー賞常連のロングラン・ヒットドラマ『ママと恋に落ちるまで』シーズン3、4月15日スタート!