脳科学者 茂木健一郎氏

写真拡大

カリスマと呼ばれるような経営者は、「こんな会社でありたい」という理想を具体的に示し、社員の挑戦意欲をかき立てることに長けています。

ホンダの創業者である本田宗一郎さんもその1人です。1954年の社内報に載った「宣言」では、マン島TTレースへの挑戦を表明していますが、志の強さと実行への意志には並々ならぬものがあります。

本田さんは「全世界の覇者」「全世界の檜舞台」「全世界最高峰」といったフレーズを用いて、優勝を目標に掲げます。当時の社員にとって相当に高いハードルですが、「年来の着想をもってすれば必ず勝てるという自信が昂然と湧き起り……」と書いています。

人間の成長には「根拠のない自信と、それを裏づける努力が大切だ」というのが私の持論です。本田さんはまさに「根拠のない自信」をもって世界最高峰の舞台に挑みました。実際にホンダがマン島レースに初出場するのは5年後の59年で、61年には2つのクラスで5位まで独占する完全優勝を果たします。トップの理想は、社員が努力を重ねてやっと到達できるレベルがちょうどいいのです。

ソフトバンク社長孫正義さんのプレゼン用スライドにも同様のことが読み取れます。おそらく孫さんは、「5年後にはユーザー数や売り上げを何倍にする」というビジョンが先に浮かぶのでしょう。その思考プロセスが、キャッチやグラフから伝わってきます。

お役所などでよく見るのは、ビジョンがあいまいなデータ積み上げ型の思考法で、スライドには文字や数字がぎっしり詰め込まれています。孫さんとは対照的です。面白いもので、スライドにはその人の頭の中が映し出されてしまうのです。

孫さんのプレゼンは、伝えたいことが山ほどあるのにあえて情報を絞り込み、インパクトを最大限に高めています。この“合脳的”なプレゼンから学ぶべきは、情報を削りに削って絞り込む勇気です。

■脳に訴えかける3つのポイント

トップの高い理想もビジョンも、理解と共感を得なくては絵に描いた餅です。そこでまず重要になるのが「感情」に訴えかけること。そして2点目に、身近な例をあげて「身体性」に結びつけることです。

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、元日に全社員にメールを送るそうですが、このメールは危機感の共有と連帯感を高めるお手本です。

11年のメールは本題に入るなり、「2011年は日本にとってひどい年でした」と危機感を表明しています。そして政治や経済の問題を指摘し、「15年前に予想したよりも、もっと早いスピードで日本は崩壊に向かっています」とショッキングな文章が続きます。

人間は感情を揺さぶられると、そのあとに続く情報が頭に刻印されます。記憶の中枢である海馬が、感情の中枢である扁桃体と密接に連絡を取りあっているためです。

柳井さんはさらに自分が生まれた炭坑の町がエネルギー転換で寂れた思い出を語ります。ここで例えば「時代の流れは非情である」などと言ったところで、社員には響きません。脳は抽象的な概念を理解することができないからです。柳井さんは自身の体験をあげることで危機感を共有したのです。とくに、「町と学校が突然消えたのです」という文章が効いています。

このように互いの感情を共有することは、集団的な知性を発揮するうえで非常に大切だということは、MITの研究でも明らかになっています。

3つ目のポイントは、自分をさらけ出すことです。トップの人間性が素直に表れたメッセージほど、社員の共感は大きくなります。

松下幸之助が51年にアメリカ視察に出かけ、旅先から社員へ送った16通の手紙にそれはよく表れています。幸之助さんはテレビの普及を目の当たりにした感動と興奮を率直に表現しています。社長・社員という関係を感じさせない人間・松下幸之助のメッセージです。

松下幸之助はシンプルかつストレートにメッセージを伝えました。「水道哲学」もそうです。蛇口をひねれば水が出るように製品があふれたら、貧しい人や泥棒はいなくなるという理想をかかげたところに、福沢諭吉に並ぶ啓蒙家の側面を感じます。だからこそ、松下電器が目指すべき理想像に社員は共感したのです。

■付け焼き刃の言葉はすぐに見破られる

書き手の人生が圧縮されているような文章に、人は心を打たれます。読む人はそこにどれだけ元手がかけられているか、敏感に感じ取るからです。付け焼き刃や借り物の言葉は、すぐに見破られてしまいます。

普段からいい加減な言葉を用いることは禁物。職場はもちろん、家族や友人と話すときなどのあらゆる場面で、自分が発する1語1語をモニターする“メタ認知”を心がけることです。いま話していることは的確か、相手にどれくらい伝わったかと振り返れば、感覚が磨かれていくでしょう。

経営者のなかにも、スピーチ原稿を他人につくらせ、自分は読みあげるだけという人がいますが、それは論外です。自分の言葉でメッセージを発信できるかどうかは、経営者のレベルを測るバロメーターといえるでしょう。

スティーブ・ジョブズは短い言葉に彼の人生観、世界観を圧縮してみせました。有名なスタンフォード大学でのスピーチは、私も暗記するほど繰り返し聴きましたが、ジョブズの揺るぎない人間観、世界観が凝縮されているからこそ、第一級の情報となり何年経っても色褪せないのです。

脳の側頭連合野には、言語の意味を司るウェルニッケ野があり、さまざまな情報を総合してまとめています。そこにありったけの人生の経験を集め、練りあげる。そうしてはじめて人の心を揺さぶる言葉やメッセージが生まれてきます。感動と共感を呼び、長く記憶されるメッセージはテクニックだけでは書けないのです。トップに立つ人には“一文字入魂”の気合で発信してもらいたいものです。

----------

脳科学者 茂木健一郎
脳科学者。1962 年、東京都生まれ。東京大学理学部、法学部卒業後、東京大学大学院理学系研究科物理学専攻博士課程修了。理学博士。第4回小林秀雄賞を受賞した『脳と仮想』(新潮社)ほか、著書多数。

----------

(脳科学者 茂木健一郎 構成=伊田欣司 撮影=向井 渉)