京都府、アニメの”聖地”を活用した事業に補助金。対象事業を募集

写真拡大

京都府は5月29日、映画・マンガ・アニメの聖地などのコンテンツ資源を活用して実施する、観光誘客や商店街振興、新分野展開などを支援する、「映画・マンガ・アニメ聖地活用事業補助金」対象事業の募集を開始した。

今回の募集で対象となる事業は、映画・マンガ・アニメの聖地と呼ばれる場所を活用し、「地域を盛り上げる」「産業の活性化や観光誘客につなげる」「文化や歴史を学ぶことができる」、「地域の情報を発信する」のいずれかに該当する取り組みを行うもの。対象企業は、府内に主たる拠点などを有する団体・グループで、企業または個人が対象となる。

また、該当する経費は、申請事業の実施に直接必要となる、謝金、旅費、消耗品費、通信費、広報宣伝費、委託料、会場使用料、機材借上費など。補助金額は、補助対象経費の1/2以内で、1事業あたりの150万円が限度となる。

申請の手続きは、必要書類を「京都府商工労働観光部ものづくり振興課」へ持参(郵送不可)。申請された内容について審査し、採否を決定するとのこと。受け付け期間は6月12日まで。

なお、この事業における「聖地」とは、作品のモデルとなった場所、作中に舞台として登場した実在の場所、地名および建物の名称などが変更されているものの、モデルと推定できる場所、作品などの登場人物ゆかりの地、映像作品の撮影場所(ロケ地)となる。