船渡御に奉納花火。大阪府・大阪天満宮で、日本三大祭のひとつ「天神祭」

写真拡大

大阪天満宮(大阪市北区)では、7月24日(宵宮)・25日(本宮)に天神祭を開催する。7月24日には宵宮祭(よいみやさい)・鉾流神事、25日には夏大祭・奉納花火が行われる。

同祭は、京都の「祇園祭」、東京の「神田祭」と並ぶ、日本三大祭のひとつ。また、生国魂神社の「生玉夏祭」、住吉大社の「住吉祭」とともに大阪三大夏祭りのひとつにも数えられている。

祭は大阪天満宮が鎮座した翌々年の天暦5年(951)に始まったとされている。社頭の浜から神鉾を流して、流れ着いた場所に祭場を設け「みそぎ」を行ったという。その祭場に船で奉迎したことが船渡御(ふなとぎょ)の起源となっていると伝えられ、千年の歴史を誇る伝統の祭典となっている。

7月24日は宵宮で、本殿で宵宮祭を斎行。堂島川にこぎ出して鉾流神事(ほこながししんじ)が行われる。その他、催太鼓・獅子舞氏地巡行が行われる。

25日は本宮で、御神霊を御鳳輦(ごほうれん)に移す「神霊移御祭」のあとに、陸渡御(りくとぎょ)が行われる。夜からは大川(旧淀川)に多くの船が行き交うメインイベントの船渡御が行われ、奉納花火があがる。

天神祭の詳細は、大阪天満宮公式サイトでも案内している。