金爆にハリウッドからコラボのオファー!

写真拡大

人気ビジュアル系エアーバンド「ゴールデンボンバー」が、ハリウッドの人気カーアクションシリーズ第6作「ワイルド・スピード EURO MISSION」とコラボレーションすることが決定した。同バンドのギター喜矢武豊(キャンユタカ)が4月に自身のブログに投稿した「いよいよか…。ハリウッド…」というコメントを見たハリウッド関係者からのオファーによって、豪華なコラボが実現することになった。

前述のコメントは、喜矢武の主演映画「死ガ二人ヲワカツマデ… 第一章 色ノナイ青」のDVDがオリコンのDVD映画週間ランキングで1位を記録した時のもの。立役者となった喜矢武は、「キター♪ハリウッドキター♪ やべ、海外に家買わないと! 向こうの人たちは背が高いから30センチのシークレットブーツを履こう! 僕のことはキャンJAPANと呼んでください。とりあえず収録当日は仕方ないのでメンバーも連れて行きます」とハイテンションだ。

メンバー4人は6月4日に収録を行う予定になっており、そこで肝心の内容が明かされるという。喜矢武のクリエイティブセンスにほれ込んだ様子のハリウッド関係者は、「日米の超人気者同士の夢のコラボという事で、非常に興奮している。今回のコラボも映画史上初のインパクトのあるものにしたい」と、意気込んだコメントを寄せている。

ジャスティン・リン監督がメガホンをとり、ビン・ディーゼル&ポール・ウォーカーの主演コンビをはじめ前作のキャストが再集結。ヨーロッパを舞台に、FBI特別捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)の要請を受けたドミニク(ディーゼル)たちが、世界各国で犯罪を繰り返す巨大組織の壊滅に協力する。5月24日に全米公開され、シリーズ歴代作品の中でも最高の約9800万ドルをたたき出し、興行収入ランキング初登場1位の好スタートを切った。7月6日から全国で公開。

■関連記事
【動画】「ワイルド・スピード EURO MISSION」予告編
【全米映画ランキング】「ワイルド・スピード EURO MISSION」がV。「ハングオーバー」最終章は2位デビュー
「ワイルド・スピード」最新作、キャスト勢ぞろいのポスター&日本版予告公開
「ワイルド・スピード」最新作、戦車も登場するド迫力の予告編解禁
「ワイルド・スピード7」にジェイソン・ステイサム参戦