イスラム武装勢力が報復を言明

ざっくり言うと

  • イスラム武装勢力「TTP」は30日、パキスタン政府に対する和平交渉の提案を撤回
  • TTPは、米国の無人機攻撃で同勢力のラフマン幹部が殺害されたことを認めた
  • 無人機攻撃の責任は政府にあるとし、TTPは報復攻撃を言明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング