吉野家から夏季限定メニュー「鰻丼」、並盛680円で発売。今年は「鰻皿」も

写真拡大

吉野家は6月1日の10時より、恒例の夏季限定メニュー「鰻丼(うなどん)」を発売する。

同商品の鰻は、シラスの段階から中国の広東省・福建省で一貫して育てたものを使用。水質やエサにも目を配りながら育てた自慢の鰻を、「焼き」や「たれ」にもこだわって仕上げた。価格は並盛が680円、二枚盛が980円。

今年は新たに、「鰻丼」の具の鰻だけを楽しめる「鰻皿」も発売する。価格は580円。