撮影を振り返ったキャスト陣ら

写真拡大

青春ドラマ「サンゴレンジャー」の完成披露上映会が5月30日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われ、主演した「劇団EXILE」の青柳翔、田中圭、佐々木希、中前勇児監督らが出席。和気あいあいとした雰囲気のなか、舞台となった沖縄・石垣島での撮影を振り返った。

本作は、サンゴ礁を守るため「サンゴ防衛レンジャー」を結成した若者たちが奔走する姿を描く。撮影中は天候に悩まされることも多かったそうだが、青柳は「海もキレイで、現地の方もあたたかい、本当に明るい現場」と述懐。田中も「監督がリーダーシップをとって盛り上げてくれたので、雨待ちになればなるほどキャストの仲が良くなっていった。僕と翔は『雨で気持ちを落とすことなく、テンションを上げていこう』と歌っていました(笑)」とチームワークを深めていったようだ。

一方の佐々木は、初の教師役に挑み「最初はたくさん不安があったけど、子どもたちが『リサ先生』と言って寄ってきてくれたので、役づくりが大変というより自然とそういう関係性になれた」と笑顔をのぞかせた。

この日、男性ボーカルユニット「BREATHE」が主題歌「So High」の生歌を披露したほか、衆議院議員の小池百合子氏が登場。環境大臣を務めていた小池氏は「レンジャーというのは、日本の自然を守る最前線で働いている国家公務員。石垣島では、サンゴを守るレンジャーの方が働いている。この作品を見て、環境に興味を持ってくれたら」とアピールし、青柳らに沖縄のシャツ「かりゆしウェア」を贈った。

「サンゴレンジャー」は、6月15日から全国で公開。

■関連記事
【予告編】「サンゴレンジャー」
3月5日はサンゴの日! 青柳翔主演「サンゴレンジャー」予告編公開
伊藤歩&青柳翔「渾身」撮影通じて人とのつながり再確認
水谷豊、川原和久&田中圭の「新相棒」に太鼓判
佐々木希、お酒の失敗談告白「酔いつぶれてしまった…」