<ダイヤモンドカップゴルフ 初日◇30日◇大洗ゴルフ倶楽部(7,190ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「ダイヤモンドカップゴルフ」は初日の競技を終了。難コース大洗で輝きを放ったのは、苦しみからの復活を図るベテラン勢だった。5アンダーで単独首位に立ったのは丸山大輔。前半こそイーブンパーと伸ばせなかったが後半に5つスコアを伸ばす大まくりでリーダーズボードを急浮上した。
「ダイヤモンドカップゴルフ」を松山英樹1打速報で振り返る!
 米ツアーにも参戦したショットメーカーも2009年の「アジアパシフィック パナソニックオープン」以来優勝はなし。昨年はついにトップ10にすら1度も入ることなくシーズンを終えた。苦戦の理由はショット精度の低下だ。「10年くらいフェードが持ち球でフェアウェイをキープするスタイルだった。それが今はまったくフェードが打てずスイングに自信が持てなくなった」とグリーン周りでしのぐのが精一杯のゴルフで成績を残すことができなかった。
 それでも、「そろそろ色々変えてみないといけない時期」と、オフにはトレーニングを積むと共にスイングを修正。クラブもやさしいタイプに変えるなどして自身のゴルフを見つめ直した。松山英樹らと共に全英オープン予選を通過し、すでに全英オープンへの出場も決まっている。「全英に行っても許されるくらいの成績を残したい。この大洗できっかけをつかみたい」。
 4アンダー2位タイグループにつけた鈴木亨は、一昨年18年間保持し続けた賞金シードを失った。今年はチャレンジトーナメントに出場しながら、マンデー予選でのレギュラーツアー出場をうかがう身。今大会も川村昌弘の欠場によって出場権が舞い込んできた。「とにかく数少ないチャンスをモノにしたいという思い。シード持っていたときは今週ダメでも来週があるという気持ちだったけど、今は来週どうなるかわからない」と力を込めた。
 一昨日28日には47回目の誕生日を迎えた。娘でアイドルグループ℃-uteに所属する鈴木愛理からもおめでとうメールをもらうなど、家族の存在がモチベーションにもなっている。「息子もゴルフを始めたし、やっぱり威厳のある父親でいたいと思っています」。今大会をシード復活への足がかりとしたい。
 鈴木と並ぶ4アンダー2位タイの井上信も2011年にシードを失い、今年は昨年のチャレンジ賞金ランク7位の権利で前半戦の出場権しか持たない。それだけに、リランキングがかけられるまでの数少ない試合の中で成績を残さなければならない立場だ。この好発進を08年「キヤノンオープン」以来のツアー2勝目につなげることが出来れば言うことはない。それぞれの復活をかけてベテランが大洗で躍動する。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
松山英樹、ジャンボと初同組も「話しかけられなかった」
宮本勝昌、鬼門攻略へドライバー封印!スプーン2本で好スタート
最新マッスルバック、どんな人に向いてる?
最新のゴルフギア情報をまとめてチェック!
各ツアー賞金ランキング