痛快青春映画『サンゴレンジャー』の完成披露試写会が開催!

写真拡大

沖縄・石垣島を舞台にした痛快青春映画『サンゴレンジャー』(6月15日公開)の完成披露試写会が5月30日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、青柳翔、田中圭、佐々木希、中前勇児監督が登壇。型破りの熱血漢役を好演した青柳は「海もきれいで、食べ物も美味しい、現地の方々も温かい。本当に楽しい撮影でした」と充実の撮影を振り返った。

【写真を見る】ふわりと広がるシルエットがキュート!白のサマードレス姿で登場した佐々木希

本作は、自らを“サンゴレンジャー”と名乗り、島の開発計画から石垣島のサンゴを守ろうと奮闘する若者達の物語だ。中前監督は「初めての映画で、こういう場も初めて」と緊張の面持ちだったが、田中は「監督がみんなの気持ちをほぐして、リーダーシップをとって盛り上げてくれた」と絶大な信頼を寄せていた。

教師役にチャレンジした佐々木はこう語った。「不安もたくさんありましたが、子どもたちが“先生!”って寄ってきてくれて。自然と関係性を作ることができました」。撮影は梅雨時期だったというが、田中は「天候が崩れて、雨待ちをすればするほどキャスト陣が仲良くなった」とコメント。「雨が降ると『テンションを上げていこうぜ!』という思いで、翔と歌を歌っていた」と明かすと、青柳も「ずっと歌っていたよね!」と顔を見合わせるなど、終始、仲の良い様子を見せていた。

また、主題歌「So High」を担当したBREATHEも会場に駆けつけた。BREATHEは「あきらめなければ、いつか光が射すという思いを込めました」と歌に込めた思いを語り、生歌を披露。これには青柳も「本当に格好良いですね!」と興奮気味で、「夏が来るのがワクワクするような歌。圭くんとカラオケに行った時に、この歌を歌います!」と宣言していた。

その後、「かりゆしウェアを世界に広める会」会長である小池百合子衆議院議員も登壇するなど、豪華な舞台挨拶となったこの日。小池議員は「レンジャーというのは、日本の自然を守る国家公務員のこと。この映画を見て、『こんな仕事に就いてみたい!』と環境に興味を持ってもらえたら。素晴らしい映画です!」と笑いのなかにも、環境保護を伝える映画の内容に太鼓判。最後には小池議員から「クールビスの一環として、かりゆしを着て下さい」と登壇者にかりゆしがプレゼントされ、一同も笑顔で舞台挨拶を締めくくった。【取材・文/成田おり枝】