ブルーライト対策メガネと老眼鏡がひとつになったメガネ発売

写真拡大

通信販売などを行う405はこのほど、「405PC」シリーズより、「パソコン対応リーディンググラス(老眼鏡)」をインターネットで発売した。価格は2,980円(本体、ケース兼用メガネ拭き、ノーズパッド3つ(1つ装着済み))。

405PCシリーズは、同社が昨年から販売しているブルーライト対策パソコンメガネ。「老眼鏡タイプを発売してほしい」との要望から開発されたとのこと。

レンズはクリアレンズを採用し、ブルーライトを約40%、UVを99%カット。超軽量弾力素材を使用しているほか、鼻の形に合わせて付け替えられる鼻パッドがついている。度数は、+1.0、+1.5、+2.0、+2.5の4種類で、カラーは、スクウエアブラックとスクウエアレッドの2色が用意されている。購入方法などの詳細は、同社のWebサイトで確認できる。