歴代優勝者の1人横峯さくら、初めてのコースを警戒(撮影:ALBA)

写真拡大

<リゾートトラストレディス 事前情報◇30日◇関西ゴルフ倶楽部(6,522ヤード・パー72)>
 31日(金)から国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」が開幕する。数年おきに開催コースを変更する同大会の今年の開催コースは兵庫県にある関西ゴルフ倶楽部。6,522ヤードと国内女子ツアーの中では距離も長く、アンジュレーションの強い大きなグリーンが特徴の難コースだ。
LIVE写真館で「リゾートトラストレディス」をチェックしてね!
 同大会歴代チャンピオンの1人である横峯さくらは30日(木)プロアマ大会にて最終調整。初めてラウンドする難コースに警戒感を示した。「距離もありますし、ラフも長い。グリーンもポテトチップスみたいでアンジュレーションが強いので、タフな印象です」とラウンド後、コースの印象について話した。
 「とりあえずフェアウェイキープが大事ですけど、グリーンを狙う精度も大事。ショットの精度が求められるコースだと思います」と勝負のポイントとしてショットの精度を挙げた。「1日2つ3つ伸ばしていければいいかな…」と1日1日着実にスコアを伸ばし、上位進出を狙う。
 横峯は2011年大会優勝後、約2年近い歳月優勝できない日々を過ごしてきた。しかし今季の「サイバーエージェントレディス」で復活優勝、賞金ランキングも3位につけている。今大会に優勝することで今度は賞金女王奪還への試金石とできるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
横峯さくらが逆転で復活V!「やっとここに帰ってくることができました」
横峯さくらの復活優勝を支えた2つの“強さ”
女子プロの秘蔵写真満載!「写真館」
ALBA.Netのスーパールーキーが最新ギアを斬る!
各ツアーの賞金ランキング