猪の肉を食べる「歯固めの儀」を再現したイベント開催-東京都・二子玉川

写真拡大

日本チューインガム協会が制定した「チューインガムの日」を記念するイベントが二子玉川ライズ・ガレリア(東京都世田谷区)で開催される。開催日時は6月1日(土)11時〜19時まで。

同イベントは、日本で古くから行われてきた「歯固め(はがため)の儀」にならい、チューインガムの日の6月1日、「噛むことの大切さ」を見つめ直すために行われる。

当日は、十二単(じゅうにひとえ)を身にまとった女性により行われた「歯固めの儀」の再現や、お祝いに用いられてきた古代食の展示、協会加盟各社の様々なチューインガムの展示やサンプリング、ガムに関するクイズ大会等が行われる。

「歯固めの儀」は、三が日と6月1日に、鏡もちや猪の肉など噛みごたえのある「歯固め祝膳」を食べることで、歯、つまり齢(よわい)を固め長寿を願う儀式として行われていた。このイベントでは、12時〜、15時〜、17時〜の3回、各々30分の予定で儀式を再現する。