60mもの竜が空を舞う! 静岡県で「遠州はまきた飛竜まつり」開催

写真拡大

静岡県浜松市浜北区で、巨大な竜が空を舞う「遠州はまきた飛竜まつり」が開催される。開催日時は6月1日(土)〜2日(日)、会場は浜北区の天竜川中瀬緑地。

同祭りは、天竜川の神である”竜神”にちなんで開催される浜北のイベントで、メインとなる「飛竜火まつり」では、たいまつ行列や打上花火、手筒花火が夜空を彩る。

また、浜松市内を始め、天竜川流域から約100店が参加する「水の道物産店」、大凧が空を舞う「浜北凧揚げ」のほか、和太鼓の演奏などが行われるとのこと。

詳細は、浜松観光情報サイト「はままつ旅百花」で見ることができる。

同区内を流れる「天竜川」は、古くから「暴れ川」「暴れ天竜」と呼ばれるほど水害をもたらす河川だったという。一方で、流域に住む人々は水の恩恵も受けており、荒々しくも恩恵を与える天竜川に、水の神様である竜をイメージして全長60mもの「飛竜」を同祭りのシンボルにしている。