10月19日公開が決定した「101回目のプロポーズ SAY YES」(C)2012 NCM FUJI VRPA HAM

写真拡大

武田鉄矢、浅野温子共演の大ヒットテレビドラマ「101回目のプロポーズ」が、日中合作で「101回目のプロポーズ SAY YES」として映画化され、10月19日に劇場公開されることが決定した。

野島伸司が脚本を手がけたドラマ「101回目のプロポーズ」は、婚約者を失い心に傷を負ったチェリストの矢吹薫と不器用な男性・星野達郎の恋模様を描いた。1991年にフジテレビ系で放送され、最高視聴率36.7%を記録。武田扮する達郎の「僕は死にません」という名セリフは、社会現象を巻き起こした。2003年には、チェ・ジウ主演で中韓合作のテレビドラマとしてリメイクされている。

今作は、フジテレビと中国の制作会社・新麗伝媒が、約3年半の製作期間を費やし完成させた。「レッドクリフ」シリーズで知られる台湾の女優リン・チーリン、ホアン・ボーに加え、武田が達郎役で特別出演している点も見逃せない。中国では2月12日に公開され、累計興行収入30億円、観客動員660万人を突破した。邦題には、音楽ユニット「CHAGE and ASKA」が手がけたオリジナル版の主題歌「SAY YES」にちなんだサブタイトルが添えられている。

舞台は中国・上海。99回目のお見合いに失敗したホアンは、美しいチェリストのイエと出会う。ふたりは次第にひかれ合っていくが、ホアンはイエが過去に婚約者を交通事故で亡くしていたことを知る。愛に対して臆病になっているイエに思いを伝えるため、ホアンは決死の行動に出る。

武田は、リン演じるイエが日本留学時に師事していた薫の夫・達郎として登場。再び達郎を演じ、「『101回目のプロポーズ』が何故かアジアの人たちにとても評判のいい物語であると聞いていましたが、これほど愛されているとは、今回の『101回目のプロポーズ SAY YES』で初めて知りました。美しい娘と一途にその娘を恋する男の物語はアジアの人々を結ぶ心の奥の夢の糸かもしれません。このストーリーがアジアの恋人たちのささやかな伝説になることを祈っています。あの叫びの通り、達郎よ、あなたは死なない」と感激のコメントを寄せている。

主演のリンは、日本公開に喜びをにじませ「日本のみなさんに深く愛されているドラマということもあり、受け入れていただけるかどうか不安ではありますが、私なりに一生懸命に『矢吹薫』を演じました」とアピール。劇場公開時には、プロモーションのため来日することも明かした。

「101回目のプロポーズ SAY YES」は、10月19日から全国で公開。

■関連記事
武田鉄矢、「金八先生」セリフ引用し支援訴え
武田鉄矢&山田洋次監督33年ぶり“再会” 高倉健から速達で手紙も到着
武田鉄矢、金八節で日本語の素晴らしさ熱弁
武田鉄矢主演の直球社会派映画「降りてゆく生き方」
武田鉄矢「豆富小僧」で力説 「今有効な力はファンタジー」