「AIRくまモン」をアピール

写真拡大

熊本県と日本航空(JAL)は2013年6月1日から8月31日までの期間限定で、コラボレーション企画として、一部を除くJAL国際線欧米路線で「AIRくまモン」を提供する。

機内でしかお目にかかれない「シェフ・くまモン」

JALの機内食「AIRシリーズ」の第9弾となるが、自治体とのコラボレーションは今回が初めて。熊本県でもっとも親しまれているご当地グルメ・太平燕(タイピーエン)を、熊本市の老舗中華料理店紅蘭亭の葉山耕司料理長監修のもと、機内食向けに「再現」した。

緑豆100%の春雨を使用し、スープは鶏ガラと豚骨の絶妙なバランスで仕上げた。

実は、エコノミーとプレミアムエコノミー向けの機内食として汁物を提供するのは、はじめての試み。こぼれないよう粘度を上げたというスープに、別添えの具材(揚げ玉子、棒々鶏、レタス)を好みで入れることで、「できたて」を味わえる。

さらに、食べた後のスープには焼きおにぎりを入れても楽しめる。デザートには「くまモンカスタードケーキ」を添えた。

「AIRくまモン」の名の通り、容器、トレイマット、リーフレットにいたるまで、くまモン尽くしだ。クリエイティブデザイナー・水野学氏が今回のために新たに、シェフ姿などをデザインしたという。

発表会場のくまモン、しっかりお仕事も

発表会場には、くまモンも駆けつけた。キャビンアテンダントを前にデレデレになりながらも、新メニューをアピールした。

JALの植木義晴社長は「豊富な地元食材・ご当地グルメをくまモンとアピールしたいという熊本県と、日本の地方のよさを国内外に発信し続けるJALの想いが一致した」と今回のコラボレーションの背景を説明。熊本県の小野泰輔副知事は、くまモンがフランス・パリのジャパンエキスポに登場するなど世界に足を踏み出していることとあわせ、「いろんなかたちで日本の素晴らしさを発信していくいい機会になっていくのかな」と笑顔で話した。

成田発ニューヨーク・ボストン・シカゴ・ロサンゼルス・サンディエゴ・ロンドン・パリ・フランクフルト線と7月1日就航予定のヘルシンキ路線の、プレミアムエコノミーとエコノミークラスだけで到着前のメニューとして提供される。