初めての引っ越し! 引っ越す前にやっておきたいこと、その後やること

写真拡大

初めての引っ越しを実家に手伝ってもらう方も、自分一人で全部やるという方も、まずは引っ越しにどんな手続きがあるのかチェックしておきましょう。引っ越しは、そう度々行うものではないため、忘れやすい手続きがたくさんあるのです。

■管理会社と不動産会社へ連絡

まずは、管理会社と不動産会社へいつ引っ越すのか連絡しましょう。その際、現在賃貸住宅に住んでいる方は、賃貸契約書に目を通しておきます。賃貸契約書には、賃貸解約の連絡をいつまでにすればよいかが明記されているはずなので、その期日を守って連絡しましょう。

連絡が遅くなり期日が守れない場合、解約日が遅くなり、日割り計算で家賃が発生することがあります。また連絡と同時に、部屋の破損場所を調べる「退去の立ち会い」がいつになるかも確認しておきましょう。

■引っ越し業者の見積もり、手配

引っ越し業者へ引っ越し代金の見積もり依頼、作業手配を行います。段ボール箱はどのくらい必要なのか、家具や家電はどのくらいあるのか、またそれを積むトラックの大きさや台数、引っ越しに必要な人数で料金は変わってきます。

■引っ越し前に公共機関の手続き(住民票、印鑑登録、健康保険、原付きバイク)

役所に住民票を移動させる転出届を出します。また印鑑登録をしている場合は、消去手続きをします。そして、国民健康保険に入っている場合も転出手続きを行います。また原付きバイクを持っている場合は廃車届を出し、新住所で原付きバイクの登録を行います。

■電気、ガス、水道会社へ連絡

引っ越し予定日や新しい場所での使用開始日を連絡します。管轄が同じ場所へ引っ越す場合は、同時に廃止・開始の申し込みができますが、管轄が違う場所へ引っ越す場合には、別途引っ越し場所で使う会社や事業所での電気・ガス・水道の開始申し込みが必要です。

■郵便物の転送手続き

最寄りの郵便局へ行き、転居届と同時に郵便物の転送手続きをします。住所がまだ決まっていないときは、用紙を持ち帰りポストに投函(とうかん)する方法、インターネットで手続きをする方法をもちいると良いでしょう。

■電話、インターネットの手続き

電話、インターネット契約会社へ、引っ越し予定日や引っ越し先を連絡します。引っ越し後に、回線工事を行う日程を相談し予約します。

■引っ越し後、御近所へのあいさつまわり

引っ越しが終わったら、御近所へあいさつまわりを行いましょう。500〜1,000円程度のギフトを用意します。

■新居の状態確認

転居前にできているキズや破損箇所をチェックし、写真を撮っておきます。新居を出るときに必要になるため、大事に保管しておきましょう。

■公共機関での手続き、免許証、車庫証明の手続き

役所へ行き、転入届を出します。同時に印鑑登録手続き、国民健康保険に入っている場合は加入手続きをします。また最寄りの警察署や運転免許センターで、免許証の住所変更を行いましょう。更に車を持っている場合は、車庫証明の申請手続きも行います。

■自動車、バイクの手続き

自動車、バイクの住所変更、ナンバープレートの変更登録を行います。変更場所は管轄の運輸支局、又は自動車検査登録事務所です。軽自動車の場合は軽自動車検査協会で、原付きバイクの場合は役所で登録手続きを行います。

■電気、ガス、水道の手続き、いろいろな住所変更手続き

電気、ガス、水道の開始手続きと同時に住所変更を行います。国民年金、銀行、保険会社、カード会社、携帯電話会社など、加入しているサービスの各会社へ住所変更手続きを行います。