34.2%の女性が”仕事服にふさわしくない”と思った時に使う言葉【女性の本音と建前】

写真拡大

ビジネスシーンにおいて身だしなみはとても重要。社外の人から会社が悪く思われるような服装をしている人は、とても気になりますよね。最終的には直接注意しなければいけないことかもしれませんが、できれば相手が気づいて直していってもらいたいもの。

そんなとき、女性はどんな言葉をつかって、さりげなく注意をするのでしょうか。マイナビニュース会員の女性671名に女性の心理をうかがいました。

Q.仕事の服装としてふさわしくないと思った時、さりげなく注意するために使う言葉を下記より選んでください(複数回答)

1位 今日は合コン(デート)なの? 34.2%

2位 その格好、冷えない? 19.6%

3位 社長が社員の服装をチェックしてるらしいよ 13.8%

4位 友達が派手な格好をしていたら上司に怒られたんだって 12.9%

5位 デート向きの服装だよね 11.2%



■今日は合コン(デート)なの?

・「新人にさりげなく注意するときに実際に使いました」(28歳/情報・IT/営業職)

・「会社によくいるのですが、言ってもあまり気づかれずほめてると思われてしまう」(34歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「デート=仕事ではないという意味だから」(24歳/その他)



■番外編:褒めたり心配している風を装う

・今日セクシーだね「オフィスにはあまりにも不相応なショートパンツをはいてきた年配の新人(キャリア)がいたので、社会人経験何年目?と疑った」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

・スーツの方が好き「してほしい服装をいって、それが好きという」(31歳/金融・証券/技術職)

・その格好、冷えない?「寒そうと言ってみたりする。でも、人によっては意図が通じなかったりするので難しいです」(28歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)



仕事の服装としてふさわしくないと思った時、さりげなく注意するために使う言い訳・建前の第1位は「今日は合コン(デート)なの?」でした。デートというプライベートに関する言葉を使うことで、TPOにあっていないことを分かってもらいたい女性の気持ちがあらわれています。

褒めていたり心配していたりする言葉ですが、その裏に隠れているのは「社会人としてどうなのか」というあきれ。もし、服装についてこんなことを言われたら、自分の格好を見直した方がいいかもしれませんね。

調査時期:2013年3月23日〜2013年3月30日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:女性671名

調査方法:インターネットログイン式アンケート