『わたしはロランス』より

写真拡大

「女性になりたい男性」のラブストーリー『わたしはロランス』が、9月から東京・新宿のシネマカリテほか全国で順次公開される。

【もっと写真を見る】

6月21日から東京・有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催される『フランス映画祭2013』でも上映される同作は、弱冠23歳のカナダ人監督グザヴィエ・ドランによる長編映画。女性になりたいという願望を抱くカナダ・モントリオールの国語教師ロランスが、恋人の女性フレッドと共に周囲の偏見や社会の拒否反応に挑む10年間を描いた作品だ。

ロランス役をメルヴィル・プポー、ロランスの母役をナタリー・バイが演じる。また、同作は昨年の『カンヌ国際映画祭 ある視点部門』に出品され、フレッド役を演じたスザンヌ・クレマンが同部門最優秀女優賞に輝いている。