なぎさ社会保険労務士事務所 大島祐美子氏

写真拡大

社会保険労務士(社労士)として独立し、8年目を迎える大島祐美子。ふわっとした柔らかな物腰と、日本ヒューレット・パッカード、参議院議員事務所の秘書を経て社労士という異色のキャリアを併せ持つ。

大島は、最初から独立を目指していたわけではないという。秘書として議員事務所に勤めながら、「何か勉強を始めよう」と思ったときに、中学からの友人が社労士の試験を受けると聞き、自分も勉強を始めた。

「友人が勉強を頑張ると聞いたのに、自分は何もしないのは、あまりよくないんじゃないかと思って。それから当時、国会議員やタレントの年金未納が問題になっていたのですが、自分が年金についてよく理解していないことに気づき、勉強してみようと思いました」

軽い気持ちで始めた受験勉強に、当初は身が入らなかった。しかし、社労士の試験科目の中にある「労働に関する一般常識(労働一般)」という科目が、大島の興味を惹いた。労働一般の内容には、人材の評価や労働者のモチベーションについてなどが含まれる。そこに、自分の会社員時代の経験を重ね合わせた。

「ITの部署にいたときに、私しか担当する人がいないと言われた仕事があって、一生懸命に取り組んだのに、1カ月で担当替えになったことがありました。そのことにがっかりして、会社を退職してしまったのです。仕事がどんなに大変でも、周りの人がどう声をかけるか、どう評価をするかで、続けていけることもあるかもしれない。労働一般の勉強をする中でそうしたことを思い出して、これはとてもいい仕事だと思い、勉強に対するやる気が出てきました」

試験勉強を楽しいと感じ始めた大島は、社労士になりたいと思うようになった。そして試験をパスして、いきなり開業する。5年やってみてうまくいかなくても、35歳までなら再就職できるんじゃないかと考え、開業を決めた。当初から、3人の知人がクライアントになってくれた。

開業資金は議員事務所時代に給料から天引きで貯めた200万円ほど。それは当面の生活費に充てた。事務所は、最初の数年はほかの会社に間借りさせてもらった。

「社労士の仕事は事務所でなくとも、家でもできますし、大きな仕入れがあるわけではないので、開業資金はそれほどかかりません。それに毎月支払いがある顧問契約が多いので、収入も安定します。定年後に始める方も多いです」

とはいえ、当初は資格学校で教えたり、コールセンターでのアルバイトをしたりなど、三足のわらじを履いていた。

現在は他の社労士や行政書士とともに合同事務所を構え、顧問契約を結ぶクライアントは17社を数える。労務関係の相談や給与計算などを日常的に行っている。議員事務所に勤務していた頃の年収を超えたのは、3年ほど前からだという。

「会社員時代と比べると、お金や時間を自分の使いたいように使えるのがうれしいですね。今はクラウドの環境もあるので、家でもある程度同じように仕事ができます。大きな会社でもない私個人と契約してくださる方がいるということのありがたさにできる限り応えていくためにも、勉強を続けてもっと頑張らなくちゃいけないと思います」

労働問題に心理学的なアプローチをする産業カウンセラーの資格も取得。大学院への入学も検討しているという。

「会社ともめている労働者の話に耳を傾けて、経営者側の思いを伝えるだけでも問題が解決することがよくあります。そうしてお客さんの負担を減らせたと思えるときに心からやりがいを感じます」

独立してから不安に思ったことは「厚生年金がないこと(笑)」。しかし、雇われない生き方を選んだことで、かけがえのない働きがいを手にした。

(野上勇人=文 向井 渉=撮影)