東京都下北沢のフライドポテト専門店が、看板メニューのポテトをプレゼント

写真拡大

カナダスタイルのフライドポテト専門店「Robson Fries(ロブソンフライズ/東京都世田谷区)」 は、創業1周年となる6月11日に、店頭で500名に看板メニュー「プーティン」をプレゼントするイベントを実施する。

「プーティン」はカナダが発祥のフライドポテト。チーズを乗せて、グレイビーソースをかけてフォークで食べるというスタイルで、カナダでは「スナック」としてではなく「気軽に食べられる軽食」として親しまれている。

同店の「プーティン」の特徴は、ソースと種類豊富なトッピング。ソースはコンソメ風味の「グレイビー」、にんにくと辛味が効いた「バターチキンカレー」、ひき肉と玉ねぎだけのピリ辛ソース「クラシックチリ」の3種。トッピングはローストビーフやマッシュルームなど種類豊富に用意しており、好きなように組み合わせられる。

また、ガーリックマヨやアボカドなど6種類のディップソースも用意。プレーンなフライドポテトでも、様々なフレーバーを楽しむことができる。

同店ではできたてにこだわり、注文してからポテトを調理。美容と健康に良いとされるこめ油を100%使用し、丁寧に二度揚げして提供する。また、マーガリンやショートニング等のトランスファットを多量に含む材料も一切使用していないとのこと。

「ブーティン」をプレゼントする創業1周年記念イベントは、6月11日の12時から開催。店頭で先着500名に「ブーティン」のグレイビーソース・Sサイズをプレゼントする。