エリザベス・モス、ジェレミー・ピヴェン

写真拡大

『MADMEN マッドメン』のエリザベス・モスが、『アントラージュ★オレたちのハリウッド』のジェレミー・ピヴェンのことを、プロ意識に欠けると痛烈に批判した。

先週、ケーブル局Bravoの『Watch What Happens: Live』に出演したエリザベス。同番組のインタビューで、かつて舞台で共演したジェレミーが突然降板した事実について尋ねられると、笑顔をのぞかせながらも「すごくプロ意識に欠けること」とハッキリ言ってのけたという。

2008年、エリザベスはブロードウェイの舞台『Speed-the-Plow』でジェレミーと共演した。ところが、この上演期間中にジェレミーが体調不良を訴えて急きょ降板。原因は寿司の食べ過ぎによる水銀の過剰摂取と伝えられている。

「共演者はみんなビックリよ。いきなりのことだったし、それきり戻ってこなかったんだから。それに1カ月後にゴールデン・グローブ賞で見かけたのよ。すごく具合が悪いはずなのにね」と、エリザベスは歯に衣着せぬ物言いで苦言を呈した。

一方のジェレミーはというと、ブロードウェイに出演するのは夢だったといい、降板はしたくなかったのだそう。プロダクションにも前もって明かしていたらしく、無理を押して出演を続けていたのだが、ついには演技にも支障をきたすまで体調が悪化し、降板を余議なくされたという。

マグロやカジキなどの大型魚介類には、水銀が含まれていることがあるため、偏食などで摂り過ぎると健康に悪影響を及ぼすという。寿司好きのジェレミーは当時、20年間毎日2食も寿司を食べ続けていたらしく、この事例に当てはまってしまったようだ。なお、日本では妊婦を除いて平均的な食生活で影響が起きることはほとんどないとされている。それにしても、20年も毎日2食寿司を食べるとは偏食にもほどが...。

さすがにその後は食生活を改めたというジェレミー。ヘルシーだからと言って、何でも行き過ぎは禁物である。(海外ドラマNAVI)



■関連記事
シーズン2も決定! ロンドンの有名デパートを舞台にした『Mr Selfridge』に注目!
出会いはドラマ! 『MAD MEN』ヴィンセント・カーシーザーと『ギルモア・ガールズ』アレクシス・ブレデルが婚約
【ネタばれ】『マッドメン』エリザベス・モスが降板の噂を否定!