ランチ1回分で買える夫婦のお金の安心とは? - 夫婦で年100万円ためるコツ

写真拡大

結婚は人生の大きな転機。独身の時は「何となく入っていなかった」保険かもしれませんが、結婚して守るべき家庭ができたらきちんと考えてみたいもの。今回は生命保険の柱である「死亡保障」について、保険に詳しいファイナンシャルプランナーの竹下さくらさんにお話を伺いました。

結婚したら、お互いに入っている生命保険の死亡保障(以下、保険)を確認してみましょう。まずチェックすべきは、保険証券の死亡保険金の受取人。独身時代は親を受取人にしていることが多いですから、夫の保険は妻、妻の保険は夫が受取人になるように名義の書き換え手続きをします。こうすることで、万一の時にパートナーに保険金を残せることになり、名実ともに本物のパートナーとなるのです。

この段階で保険に入っていないと気がついた場合は、手元に貯蓄がない状況であれば、前向きな保険の加入が安心です。夫の一般的な必要保障額(もしもの時に貯蓄だけでは足りない額を補うために入る保険金額)は、妻の働き方によって違ってきます。

共働きで子供がいないのであれば、必要保障額は夫婦ともに500万円〜1,000万円程度で大丈夫です。問題なのは、妻が専業主婦になった時。夫に万一のことがあっても、すぐに働けるとは限らないので、夫の死亡保障を増やします。妻が結婚後にパートや派遣社員になった場合も、同じような状態だと考えて必要保障額を多めにしておく方が賢明でしょう。ちなみに専業主婦の妻の死亡保障も、300万円程度は確保しておきたいもの。考えたくないことですが、お葬式代など、意外と物入りになるからです。

「保険に入らなくちゃ」と言いつつも、重い腰が上がらない人はやはり多いもの。とりわけ新婚時代は、家財道具を買ったりするなど出費の多い時期でもあります。安い保険料で必要な保障を確保できる保険を、竹下さんに教えていただきました。

対面販売を主とする大手生保と比べると、健康に自信がある人なら「タバコを吸わず健康状態が良好」といったある一定条件をクリアすると保険料が安くなる保険や、インターネットを通して入る保険などをチョイスした方が、保険料は安くなります。

例えば30歳の男性で、一定条件を満たしていたり、ネットを通じて保険加入すれば、1,000万円の死亡保障を月額1,000円程度で確保することができます。ランチ1回分の値段で、大きな安心を買えるのが保険のいいところ。この機会に、加入を検討してみてはいかがでしょうか?