「イノセンス」本編&「ARISE」座談会がニコ生で(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

写真拡大

士郎正宗氏のSFコミックを原作とした人気シリーズ最新作「攻殻機動隊ARISE」の劇場公開を記念し、「攻殻」シリーズの劇場版「イノセンス」(2004)の本編上映と、黄瀬和哉総監督らが出席して行われる座談会の模様が、ニコニコ生放送で配信されることが決まった。

「攻殻機動隊ARISE」は、押井守や神山健治が手がけてきた人気シリーズ「攻殻機動隊」の新作で、主人公の草薙素子がこれまでのシリーズで所属していた公安9課=通称「攻殻機動隊」がいかにして結成されていくのかを、新たなスタッフとキャストで描く。全4話からなり、その第1話となる「攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain」が6月22日から劇場上映される。

これを記念して、押井監督が手がけた「攻殻」シリーズの劇場版第2作「イノセンス」をニコ生史上初放送。本編上映後の座談会に、同作で作画監督を務めていた黄瀬総監督、「攻殻機動隊ARISE」のシリーズ構成・脚本を務める作家の冲方丁氏、「攻殻」シリーズを一貫して手がけてきているプロダクションI.G社長でプロデューサーの石川光久氏が出席し、「イノセンス」を振り返りながら、最新作「攻殻機動隊ARISE」の魅力を語る。放送は5月31日午後8時開始(番組放送URLは http://live.nicovideo.jp/watch/lv137895682 )。

さらに6月1日からは、ルミネ初のメンズ館「ルミネマン渋谷」にて、コラボレーション企画「LUMINE MAN×攻殻機動隊ARISE」もスタートする。同コラボ企画では、期間中、5000円(税込)以上の買い物をした人には、描き下ろしのイラストを使用したオリジナルノベルティとなるクリアファイルを配布(イラストは週替わりで全6種予定)。また、作中に登場する人工知能搭載マシン「ロジコマ」を展示するほか、「ロジコマ」が館内3ショップのアイテムを身に着けるコラボポスターの展示や、コラボカフェの展開など、ルミネマン渋谷全館を「攻殻機動隊ARISE」がジャックする。期間は7月11日まで。

■関連記事
神山健治監督、「009」の各国での反応の違いに刺激
“第4の攻殻”「攻殻機動隊ARISE」6月劇場公開、Blu-ray&配信も同時展開
“第4の「攻殻機動隊」”製作決定 豪華スタッフ陣で挑む「攻殻機動隊ARISE」
メルセデス・ベンツのプロモーションアニメをプロダクションI.Gが制作
押井守監督が初の英語作品に挑戦 実写アクションを製作