30代のトップリーダーとして知られる岩瀬大輔さん。副社長を務めるライフネット生命は、ネットの保険商品を専門に扱う会社だけに、クレジットカードはビジネス上の重要なツールでもある。一方でそのカードを、どう使いこなしている?

■生涯賃金のために自分に投資する

 僕はお金に無頓着だったせいか、若い時からお金を使うほうだったと思います。一番いいのは自分に投資すること。そう言うと、大学院やビジネススクールに行くといった大きなことを思い浮かべるかもしれません。でも、仲間と飲みに行くもよし、旅に行くもよし、興味があることにどんどんお金を使えばいいと思います。

 ちなみに僕は紙媒体がすごく好きで、新聞も2紙取っていますし、本や雑誌も買いまくっている。美術や文芸など、ほとんど読まないものもあるけど、何かひとつでも得られるならば、本への1000円、2000円の投資は決して高くない。時給換算したら、大した労働時間には値しないですから。

 ただし、これはハーバード時代に学んだことですが、必ず自分のバランスシートを書いてみてください。その際、注意することは今ある資産や負債を比較するだけではなく、必ず生涯賃金を計算してみてほしいのです。

 仮に年収500万円で30年間働くとしたら1億5000万円。投資と聞くと、目先の資産を殖やすことばかりに目がいきがちですが、もっと大きな可能性がある生涯賃金という資産を殖やす方法を考えたほうがいい。だから僕は、自分に投資し続けるのです。

■マイルを使って両親を旅行に招待

 とはいえ、お金の管理は重要です。そこで僕は、支払いは少額でもクレジットカードで済まし、月々の明細でお金の出入りを把握しています。さらに最近は、無料の資産管理ツール「マネーフォワード」を利用しています。銀行や証券、カードなどのあらゆる情報を登録しておけば、自動的に家計簿を作ってくれるサービスです。

 カードは1枚しか使っていないので、マイルが結構貯まっています。つい先日、このマイルを使って両親を国内旅行に連れて行きました。自腹だったら結構な金額になったと思います。ほかにも、カードから毎月、自動引き落としされる仕組みを使って、友人のやっているNGOに寄付をしています。本来なら、ボランティアなり自分自身で社会貢献しなければいけないのですが、なかなかできない。たとえ毎月1000円でも2000円でも続けていきたいですよね。

●岩瀬大輔さんのカードの役立て方

◇資産管理 (無料サイトを通じて銀行、カード、証券などの入出金を一括して管理)

  +

◇社会貢献 (忙しくてできない社会貢献活動をカードからNGOへの寄付で実施)

岩瀬大輔

岩瀬大輔

1976年埼玉県生まれ。東京大学卒業後、ボストン・コンサルティング・グループなどを経て、ハーバード大学経営大学院へ留学し、「ベイカー・スカラー(上位5%の優等生)」を獲得。現在、ライフネット生命保険副社長。