『機動戦士ガンダムUC』の一番くじが登場!クシャトリヤやマリーダが立体化

写真拡大

コンビニエンスストアを中心に展開しているハズレなしのキャラクターくじ「一番くじ」の最新作となる「一番くじ 機動戦士ガンダムUC」が、6月上旬より全国のコンビニエンスストアで販売される。価格は1回600円。

『機動戦士ガンダムUC』は、映画『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988年作)から3年後の世界を描いた福井晴敏の小説をアニメ化した作品。舞台は宇宙世紀0096年の工業コロニー「インダストリアル7」から始まり、少年バナージ・リンクスの成長と純白のモビルスーツ「ユニコーンガンダム」の出会い、そして禁忌の箱「ラプラス」をめぐる宇宙規模の戦争が描かれる。今年3月に『機動戦士ガンダムUC』episode 6「宇宙と地球と」が公開され、来春にepisode 7の公開が予定されている。

今回の「一番くじ」では、アイテムA〜L賞で全26種類+ラストワン賞を用意。A賞には、特徴的な4枚羽が再現された人気の高いモビルスーツ「クシャトリヤ」のデフォルメフィギュア(約19cm)、B賞に袖付きの強化人間パイロット「マリーダ・クルス」のリアルフィギュア(約18cm)、C賞におなじみの「ハロ」クッション(約40cm)など。ほかにも、「バンシィ」「ユニコーンガンダム」「EWACジェガン」「ジェガン」など、作品を彩る魅力的なモビルスーツを立体化したデフォルメフィギュアや、各モビルスーツの特徴的な武器を象ったチャームが付属する「ネックピース」と「ストラップ」、耐水性のある「アートデスクマット」や「ロングタオル」、「ロックグラス」といった実用的なアイテムも数多くラインナップされている。

恒例のラストワン賞には、epsode 6で登場するモビルスーツ「ローゼン・ズール」のフィギュアを用意。なお、くじの半券を使って応募する「ダブルチャンスキャンペーン」も同時に展開され、100名にA賞「クシャトリヤフィギュア」スペシャルカラーバージョンがプレゼントされる。

(C)創通・サンライズ