セガ×BBCで横浜に大自然体感型ミュージアム誕生、BBC50年の貴重映像を凝縮

写真拡大

セガとBBCワールドワイド(以下、BBCW)は29日、新しい体感型ミュージアム施設「Orbi(オービィ) Yokohama」を横浜市の「MARK IS みなとみらい」にオープンすることを発表した。自然をテーマに地球のさまざまな姿を学べるテーマパーク+博物館を組み合わせた施設になるという。

「Orbi Yokohama」は、セガのアミューズメント施設で培われたノウハウと、過去50年間にわたり、世界中の生命の姿や自然の神秘を撮影してきたBBCが共同で手がける体感型エンタテインメント施設。目玉は「メインショー」エリアに設置された日本最大級の巨大スクリーン(幅40m×高さ8m)で、フルHDの映像や音響に加えて、霧・匂い・風を発生させる装置によって、臨場感溢れるショーが楽しめる。

「メインショー」エリアのほか、130万頭で大移動するヌーの大群の真っ只中を体験したり、ペンギンの住むマイナス20℃の極寒温度を体験したりといった12種類のエキシビジョンを用意する「プレショー」エリア、撮影の裏側を紹介するコーナーやカフェ、オリジナルグッズを販売する「ポストショー」といったエリアも設置される。また、AR端末を使った館内周遊ツアーも利用できるという。

発表会にはセガ代表取締役社長COO・鶴見尚也氏、セガエンタテインメント施設事業部クリエイティブディレクター・長谷川敦彦氏、BBCワールドワイドジャパン代表取締役社長・宗方謙氏が登壇。鶴見氏は「横浜の学校にアプローチし、家族一緒に連れてこられるよう、学校教育を巻き込んで盛り上げていきたい」と教育機関も視野に入れた考えを示したほか、長谷川氏は「メインショーは年間2、3本、ほかのエキシビジョンも1年おきに変更する予定」と何度訪れても楽しめること施設であることをアピールしていた。

「Orbi Yokohama」の開業は8月19日から。入場料は大人2,600円、小学生1,300円となっている。