つい見逃しちゃいます!常盤貴子

写真拡大

 女優の常盤貴子が29日、今年1月にテレビ朝日系で放送されたメ〜テレ50周年特別ドラマ「ゆりちかへ ママからの伝言 特別版」のDVD発売記念イベントに共演の田辺誠一、若松節朗監督と共に出席。これまで自身が出演してきたテレビドラマの最終話はほとんど観ていないという意外なエピソードを明かした。

 これまでに数多くの人気作に出演してきた常盤だが、本人いわく「連続ドラマでは撮影してもカットされていることが多いので、次の撮影でつじつまの合う演技をするために」観ているという。しかし、最終話に限っては撮影が終わった達成感もあり、「つながりをチェックする心配がないから」とつい見逃してしまうことを申し訳なさそうに明かした。これには田辺も同じ俳優として「わかります」と共感していた。

 また、常盤は「若松監督との現場はすごく楽いのでまた組みたいです」と笑顔でアピール。業界内でも役者やスタッフから慕われている若松監督だが、その秘訣は「褒め上手で乗せ上手で、外国人の監督みたいにすごく褒めてくださるんです」と分析し、「(普通の会社でも)上司の方はそういうところはマネした方がいいと思う」と語った。

 一方の若松監督も同作で闘病生活を送る主人公を体当たりで演じた常盤の女優魂を大絶賛。撮影中はおいしい差し入れが山のようにあったものの、常盤だけは病弱な役作りをするためにずっと我慢していたエピソードを紹介し、「素晴らしい俳優さんとの現場って本当にいいですね」と述懐していた。

 本作は実話を基に、待望の赤ちゃんを授かるもがんが発覚した主人公の晃子(常盤)が、余命いくばくもない中でがんと闘いながら娘へ「ママからの伝言」を残す姿を描いた感動作。(取材・文:中村好伸)

DVD「ゆりちかへ ママからの伝言 特別版」は発売中 価格:4,515円(税込み)