朝の通勤ラッシュ、池袋駅に「座って30分以内に行ける駅」はこの9駅

写真拡大

毎朝の通勤・通学ラッシュにストレスを抱えている人も多いのではないでしょうか。でも住む駅を選べば、朝から電車に座れてしまうかも? 「マイナビ賃貸」では、埼玉エリアからの東京への玄関口であり、新宿駅に次ぐ乗降客数を誇るとも言われている「池袋駅」に、平日の朝のラッシュ時(7〜9時台)に、待てば座れるかもしれない「始発」で「直通」かつ「30分以内」で行ける駅を調べてみました!



■池袋駅に「直通、始発、朝の通勤時間帯に30分以内でたどり着ける」駅は9駅「池袋駅」に乗り入れている路線は、「JR東日本…山手線、埼京線、湘南新宿ライン、成田エクスプレス」のほか、「東京メトロ…丸の内線、有楽町線、副都心線」「東武鉄道…東上線」「西武鉄道…池袋線」の4社9路線です。

池袋駅に「直通、始発、朝の通勤時間帯に30分以内でたどり着ける」を満たす駅は9駅。所要時間が短い順から発表します。なお、全て各駅停車です。

1.西武鉄道池袋線:豊島園駅(乗車時間約13分)本数は7、9時台5本、8時台6本です。西武線は練馬で本線と豊島園駅行きの豊島線に分岐します。

2.東武鉄道東上線:上板橋駅(乗車時間約15分)※途中始発本数は7時台1本のみです。

3.西武鉄道池袋線:石神井公園駅(乗車時間約17分)※途中始発本数は7時台6本、8時台3本、9時台2本です。

4.東武鉄道東上線:成増駅(乗車時間約20分)※途中始発本数は7時台7本、8時台4本、9時台6本です。

5.東京メトロ有楽町線:和光市駅(乗車時間約21分)本来の始発駅なので3〜6分に1本程度の割合で電車が出ています。

6.西武鉄道池袋線:保谷駅(乗車時間約22分)※途中始発本数は7時台5本、8時台3本、9時台2本です。

7.JR山手線:大崎駅(乗車時間約25分)※途中始発本数は7時台7本です。

8.JR埼京線:武蔵浦和駅(乗車時間約26分)※途中始発本数は7、8時台4本、9時台1本です。

9.西武鉄道池袋線:清瀬駅(乗車時間約29分)※途中始発本数は7時台4本、8時台3本、9時台3本です。

■所要時間40分以内なら、さらに3駅も

以下、30分は間に合わず、40分以内になったケースです。・JR埼京線:大宮駅(乗車時間約34分)本数は7、8時台4本、9時台5本です。埼京線の埼玉側の終点は大宮ですが、大宮〜川越間の川越線が埼京線と直通乗り入れしているケースが多く、大宮始発の電車は少なめです。

・東京メトロ有楽町線:新木場駅(乗車時間約34分)本来の始発駅なので3〜4分に1本程度の割合で電車が出ています。

・東武鉄道東上線:志木駅(乗車時間約35分)※途中始発本数は7時台6本、8時台4本、9時台2本です。

東武、西武鉄道は途中始発の駅が多く、しかも、電車の本数もそれなりにある駅が多く見られました。早く着きたいときは快速、座りたいときは始発の各駅停車と、電車を使い分けることができるのも始発駅の魅力ですね。

※当記事は、2013年5月26日時点で各鉄道会社が発表している最新の時刻表を参考にしています。

文・石徹白未亜