ひと手間でできる! バスルームのカビ対策

写真拡大



一人暮らしのマンションのバスルームには窓がないことが多いため、湿気がこもりやすく、放置するとすぐにカビが発生してしまいます。少しでもカビの発生を抑えるには、どんな手を打てばいいのでしょう。やはり換気? 壁に冷水をかける? それとも熱湯? お掃除アドバイザーのみちひさ 礼子さんに、本当に正しい「カビ対策」を教えていただきました。







■基本は、カビ発生の三大要因“湿度、温度、栄養”を取り除くこと

カビを抑えるには、やみくもに換気したり壁に冷水をかけたりする前に「カビ発生の仕組みを知ることが大事」とのこと。「カビは、湿度・温度が高く、栄養(皮脂・石けんカス)があるところに発生します。つまり、そのどれか一つでも取り除くことができれば、カビは発生しないということです」(みちひささん)



カビ発生の仕組みを理解した上で、基本の対策として考えられるのは、次の3つです。



1.カビの栄養源を洗い流す



カビの栄養源となる皮脂、石けんカスを取り除くため、まず熱めのシャワーでバスルーム全体を洗い流します。



2.温度を下げる

次に、バスルーム内の温度を下げるため、冷水シャワーをかけます。



3.水分を拭き取る

カビが発生しやすい部分だけでも、乾いた布などで水分を拭き取ります。特にカビが発生しやすいのは、浴槽や扉の隙間の、白くて柔らかい防水テープ部分。ほかに、扉の蝶番(支点)側の壁や、タオルを掛けている壁も、空気が通らないので乾きにくく、カビが発生しやすい部分です。



1〜3の手順を守ることがポイントですが、基本の対策は、驚くほど簡単。入浴のついでにほんの“ひと手間”でできることばかりなので、上記の3つだけでもぜひやっておきましょう。ちなみに、水分を乾かすためには換気も有効ですが、「外の湿度が高くなる梅雨時期には、換気扇を回すと逆効果」とのこと。除湿器または扇風機を使用するといいでしょう。



■防カビ剤の使用で、カビ発生を最小限に

さらに、以下のような工夫と対策もあわせて行うと、より効果的なのだそうです。



・カビの栄養源を飛び散らさない

カビの原因である石けんカスや皮脂を拡散させないよう、体や頭を洗うときは低姿勢で。また、体を洗ったタオルを洗面器で洗った後は、汚れたお湯が洗い場に広がらないよう、排水溝に直接流すようにします。



・シャワーホースは高い位置に、壁に触れないようにかける

低い位置にかけると、ホースが壁に接し、その部分が、カビが発生しやすい状態に。高い位置にかければ、水もしっかり切れ、乾きやすくなります。



・お風呂小物はなるべく少なく

物を置いている場所は乾かないので、底面にカビが発生しやすくなります。洗面器、石けん置きなどの小物は、必要最低限に。



・防カビ剤の塗布

カビ取り剤でカビを除去した後に、防カビ剤を塗布すると、カビの発生と進行をかなり抑えることができます。



■カビ対策+マメなカビ取りで、“いつも快適”なバスルームに

上記のような対策をすれば、カビの発生をかなり抑えることはできますが、それでも多少のカビは発生します。その場合は、「見つけ次第、即、カビ取り剤で除去しておくのがオススメ」(同上)。時々まとめてカビ掃除をするのは手間と時間がかかりますが、一回にスプレー2〜3プッシュなら、大した労力ではありません。また、何よりマメにカビを除去することで、バスルームを常にキレイな状態にキープすることができます。「カビ発生の仕組みを知って対策しつつ、カビ取り剤の注意事項を守って上手に使うことで、カビを最小限に抑えながら毎日快適なお風呂タイムを過ごすことができるはずですよ」(同上)



上手なカビ対策のコツは、“ほんのひと手間”の積み重ねと言えそうですね。マメな対策とお掃除を習慣にして、湿度が高くなるこれからの季節を乗り切りましょう。



文・本居佳菜子(エフスタイル)



取材協力/みちひさ 礼子さん

整理収納・お掃除アドバイザー。「モノは少なく豊かに暮らす」をモットーに、整理・収納・お掃除に関するアドバイス、訪問サービス、セミナー講師など幅広い活動を行う。ハウスクリーニング協会認定3Sアドバイザー2級。整理収納アドバイザー認定講座を高松・大阪にて定期的に開催(オフィシャルサイト「Smart Beans」:http://www7.ocn.ne.jp/~mchs777/)