フィーゴ、ゴムフレームサングラス「アルエロ デザイン」独占輸入販売

写真拡大

 ユナイテッドアローズが5月29日、関連会社フィーゴがイタリア発アイウェアブランド「AL e RO design(アルエロ デザイン)」の独占輸入販売権を取得すると発表した。今後両者で正式な契約書を締結する予定。2013年6月から、南青山のセレクトショップ「ラ ガゼッタ 1987」で販売が開始されると同時に、卸事業の展開もスタートする。

フィーゴ「アルエロ デザイン」を独占輸入販売の画像を拡大

 「AL e RO design」は、Alessio SantoiemmaとRosetta Santoiemmaの姉弟が2010年に設立したCOONCEPT srl(コーンセプト社)が2011年より展開しているブランド。ゴムフレームのサングラスをラインナップし、ゴムの特性を活かしたフリーサイズ展開と豊富なカラーバリエーションが特徴。フレームとレンズを合わせても26グラムと軽量で、スポーツシーンをはじめ、ビーチやトラベル、ドライブなど多様なロケーションに対応する。フレームのデザインはティアドロップタイプの「Drop Collection」とスクエアタイプの「Square Collection」を展開し、ユニークなフレーム構造によりセルフでレンズ交換ができる。価格は各14,700円を予定。

 フィーゴはイタリア発「Felisi(フェリージ)」の国内展開を手がけており、2013年4月にはイタリアの「ASPESI(アスペジ)」を2014年春夏シーズンから独占輸入販売することを発表。同社は今後、「AL e RO design」をセレクトショップや専門店のほかにファッション性の高いスポーツショップやメガネ専門店に向けても商品提案していくことで、販路を拡大していくという。