【うちの本棚】167回 宇宙の騎士テッカマンブレードII/中原れい

写真拡大

「うちの本棚」、今回ご紹介するのは、前回取り上げた『宇宙の騎士テッカマンブレード』の続編『宇宙の騎士テッカマンブレードII』です。

OVA作品のコミカライズはわりと珍しいかもしれませんね。

【関連:166回 宇宙の騎士テッカマンブレード/鈴木典孝(スタジオOX)】

テッカマンブレードII


『宇宙の騎士テッカマンブレードII』は、テレビアニメ『宇宙の騎士テッカマンブレード』の10年後という設定で制作されたOVAで、3話1シリーズで2シリーズ(全6巻)制作、1994年〜1995年にかけてリリースされた。

本作品はテレビシリーズ、OVAでメカニックデザインを担当した中原れいによるコミカライズ作品で、第1シリーズを漫画化している。

多少コミック版オリジナルの展開もあるがストーリー・構成はほぼOVAをなぞっており、アニメ作品の余韻を他のメディアで楽しむというコミカライズの役割を十分に果たしていると言っていいだろう。

正直なところOVA版の主要な部分を描いていて、細かいエピソードは省略している感があり、映像作品とコミック作品の情報量の差を感じてしまう。元がOVAであり、テレビ放送に合わせた連載期間ということでもないはずなので、掲載誌側にはもう少しじっくりと描けるよう環境を整えてほしかった気がしないでもない。

とはいえ本コミカライズ版が内容の薄い作品であるというわけではなく、『宇宙の騎士テッカマンブレードII』という作品の魅力を十分に伝えるものになっているのは事実で、OVAをご覧になった方なら、ぜひこのコミカライズ版も読んで欲しいと思う。いや、まだOVAをご覧になっていない人もコミカライズ版から『宇宙の騎士テッカマンブレードII』に触れてみてほしい。
 
『宇宙の騎士テッカマンブレードII』にはノベライズ版(『水晶宮の少女』)もあり、こちらはシナリオを担当した川崎ヒロユキによって書かれ、イラストはキャラクターデザインを担当した佐野浩敏が描いている。内容はOVA全6話の続編で『宇宙の騎士テッカマンブレード』シリーズの完結編となっている。

初出/バンダイ「B-CLUB」(98〜113号/刊行年数不明)
書誌/メディアワークス・メディアコミックス(1995年8月25日初版発行)

(文:猫目ユウ / http://suzukaze-ya.jimdo.com/