使用済み注射器で肝炎、病院提訴

ざっくり言うと

  • 福岡県の女性が病院でC型肝炎患者に使われた注射器を使用されC型肝炎を発症
  • 女性は約7千万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こしている
  • 病院の院長は「注射器を誤って使い、C型肝炎が発症したのは事実」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング