日本ヒューレット・パッカード(株)は、このほど簡単な操作でウォールデコレーションのデザインを可能にするクラウドアプリケーション「HP WallArt Solution」を発表、「HP Latexインク」搭載プリンターのユーザー向けに展開する。「HP Latexインク」搭載プリンターを導入したユーザーは1年間無償で利用できる。

現在、デジタルプリントを活用した壁面装飾が世界的な成長分野として注目を集めている。日本市場においても、商業施設や医療施設などの各種施設で多くみられるようになってきた。日本ヒューレット・パッカード社では、こうした動向を捉え、室内向けに無臭でVOCが極めて少ない水性インクタイプとして「HP Latexインク」を展開しているが、今回発表した「HP WallArt Solution」は、「HP Latexインク」搭載プリンターによるデジタルプリント壁紙のデザインを、誰でも簡単にできるようにするクラウドアプリケーションで、専用サイトにアクセスし、壁面のサイズ、ドアや窓などの位置とサイズを入力し、使用する画像や写真を配置するだけで、壁紙のプリントデータが簡単に作成できるというもの。完成したプリントデータはクラウドストレージに保存され、施工担当者とクライアントとの間で共有できるため、双方のコミュニケーションを円滑に進めることができる。またプリントデータのタイリング(分割)イメージ、原寸大の見本(画像の精細度確認用)、施工の手順書などのPDFファイルをメールで受け取ることも可能である。
このアプリケーションを活用すれば、専門スキルがなくても壁紙デザインが可能となるため、例えばプリンター業者と連携することでインテリア専門店や内装工事店でも壁紙デザインができるようになる。

なお同社では「インテリア ライフスタイル」(6月5日〜7日開催)に出展し「HP WallArt Solution」、および「HP Latexインク」搭載プリンターを展示する。