日産、ギャラリーやモーターショーで勤務するミスフェアレディ新体制を発表

写真拡大

日産自動車は29日、日産グローバル本社ギャラリーや日産銀座ギャラリーで勤務する「日産ミスフェアレディ」に関して、2013年4月入社の新人6名を加えた総勢27名の新体制(第48期)を発表した。

日産ミスフェアレディは、日産自動車が直営する「日産ギャラリー」で勤務する日産PRスペシャリストで、ユーザーのライフスタイルにあわせたクルマの提案や、販売店の紹介などを行う。また、国内のモーターショーや各種イベントでのナレーション、新型車発表会の司会、報道関係への取材対応などで、”日産の顔”となり多岐にわたって活躍するとのこと。

日産ギャラリーは、横浜のグローバル本社と銀座にある同社のブランド発信拠点。同社の新型車情報や企業情報を来場者に提供するほか、さまざまなイベントを開催。また、横浜のグローバル本社ギャラリーでは、国内の最新モデルや海外で販売しているクルマの展示、日産オリジナルグッズを販売する日産ブティック、飲み物などを提供するGALLERY CAFEなども併設している。