眠気を吹き飛ばしたいときに知っておきたい便利な方法

写真拡大

眠いけど今眠るわけにはいかない…そういった状況はよくあるもの。ここでは、そんなときに役立つ、眠気吹き飛ばしの方法を幾つか御紹介します。ちょっとかわった方法もあるので、定番の方法でイマイチ効き目のない方は是非お試しを。

■まずは病気の可能性がないかをチェック

日中眠気に悩まされることが多い場合、睡眠時無呼吸症候群である可能性も。この場合は根本的な問題を解決しないと、日中の眠気は解消されません。以下のサイトでは幾つかの質問に答えることで、睡眠時無呼吸症候群である可能性をチェックできるようになっています。特にいびきをかきやすい方などは、是非確認しておきましょう。

・日本医科大学呼吸器内科 睡眠時無呼吸症候群ホームページ

■動いていれば人は寝ない

動きながら寝ることはないので、体を動かしましょう。その場でストレッチしてもいいですし、授業中や会議中なら、ちょっと首を回してみたりするのもOK。まわりにバレないようにしたいなら、足の指を動かしたり、お尻をキュッと締めてみたりするのもよしです。とにかく常に動き続けていれば寝ることなく、徐々に眠気もスッキリ。

■エアガム効果でアゴを動かす

ガムをかむことで、眠気を飛ばして頭をスッキリさせる方法は定番です。この方法を応用してガムがないときでも、大きく口を開けてアゴを動かしてみましょう。叫んでいいならあわせて声も出してみると効果的。

■息を止める

以下サイトではちょっと変わった方法が紹介されています。その方法はとても簡単で、50秒間息を吐いてもいいけど、吸っては駄目というもの。大丈夫?と不安になってしまいますが、かなり効き目があるようです。ただし試す場合は、十分気をつけながら行いましょう。

・園部研 面白発明の宝箱 睡魔の撃退術

■空気の入れ替えをする

締め切った部屋だと空気もよどんで眠たくなってしまうもの。そんな場合は窓を開けて、空気を入れ替えましょう。涼しい風が入ってくれば、それが刺激となることも。車の運転中でも、自室での勉強中でも効果的です。

いかがでしたでしょうか?いずれも物を使わずにできるので、すぐに試せます。この後眠気がやってきそうな方は、早速実践してみてください。