『Transcendence』の撮影現場でのジョニー・デップ (c)Hollywood News

写真拡大

俳優のジョニー・デップが、自身の新作映画『Transcendence』(原題、2014年4月18日全米公開)にホームレスを雇ったそうだ。

ジョニーは同映画の撮影でニューメキシコ州のアルバカーキに滞在中に2人のホームレスを見て、彼らをエキストラとして雇おうと考えたという。

関係者は「ザ・サン」紙に「ジョニーはロケの時にいつもコミュニティーの手助けをするのが好きです」「彼はアルバカーキを散策している時に、2人の役を思いついたのです。彼はすぐにキャスティング・ディレクターに連絡しました」と明かしている。

ホームレスの2人はジョニーと共演するという貴重な経験を得ることができ、きっと思いもよらぬ報酬も受け取ることができたのだろう。ジョニーに感謝しているに違いない。【馬場 かんな】