『リアル 完全なる首長竜の日』の黒沢清監督

写真拡大

『トウキョウソナタ』(08)の黒沢清監督が、佐藤健綾瀬はるかという二大スターを迎えて放つ『リアル 完全なる首長竜の日』(6月1日公開)。第9回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した乾緑郎の小説の映画化作品だが、現実と仮想が入り乱れる神秘的な世界が繰り広げられる。黒沢監督にインタビューし、本作の撮影秘話と、主演の2人の新鮮な魅力について話を聞いた。

【写真を見る】佐藤健や綾瀬はるかを絶賛する黒沢清監督

本作では、主人公が自殺未遂で昏睡状態になった恋人を救うため、最新医療のマシンを使った“センシング”と呼ばれる手法で、恋人の意識内へ潜り込む。黒沢監督は、「原作は読み物としてとても面白かったけど、どう映像化しようかと、最初は途方に暮れました」と苦笑いする。「もやもやっと撮る手段もあるけど、果たしてそれが面白いのかと。また、こっちは意識下、こっちは現実とハッキリ分かれているのなら単純だけど、そうではなくて入り混じる。大変、無謀な試みだなと思いました」。

実際、脚本と演出でいろんな工夫が施され、ただのファンタジーではなく、広がりのあるミステリアスな世界に陶酔できる映画となった。黒沢監督は「そもそも映画って一種の仮想現実を楽しもうというものですから、あまり気にすることはなかったなと。意識の中であれ、現実であれ、佐藤健さんや綾瀬はるかさんが、目の前に立ちはだかる難問を乗り越えようと、果敢に挑んでいく姿は何も変わらないから」。

謎めいた世界観を身を持ってリアルに体現したのが、佐藤健と綾瀬はるかだ。黒沢監督は2人について、「若くてもプロ」と賛辞を惜しまない。「脚本を何度も読んで役を組み立て、自然に演じていました。そこはやっぱりトップクラスのスターで、若いけど時代劇などもやっているし、キャリアも積んでいる。演じた役柄は、自分の実生活とかなりかけ離れたものですが、ある種の計算と直感でやっていかれました」。

佐藤たちを初めて演出した黒沢監督だが、いろんな発見があったそうだ。「佐藤さんはご一緒する前から、ある種の揺らぎや屈折、何か謎のようなものを感じさせる俳優だなあと思っていました。実際、それが彼の魅力でしたが、怖がる表情やギョッとする顔、得体のしれないものにだんだん近付いていく表情が、本当に板についていました。劇中でいろんな仕掛けをしていますが、最も緊張させるのが、佐藤健の顔なんです。本人いわく、『生まれながらのびっくり顔だから』とのことですが、僕は冗談ではなく本気で『あなたの顔は撮っているだけで怖い』と言いました(笑)。もちろん100%のほめ言葉です。あの人の漂わせる緊張感は気持ちが良いくらい映画的。本格的なホラー映画に出てもすごく良いと思います」。

また、綾瀬については、朗らかさと運動神経の良さに感心したそうだ。「天然だと言われていますが、ものすごく場をわきまえた方でした。単に馬鹿っぽいことをやるわけではなく、周りの雰囲気をちゃんと見て、実に巧みに場を和ませてくれました。ほわんとしていて、みんなから好かれる方ですね。その一方で、疾走したり駆け上がったり、かなり瞬発的な動きも要求されるなかで、抜群の動きをされました。全力疾走で走ってくれと言うと、カメラが追いつかないくらいに速い(笑)。しかも、走るフォームが美しい。瞬発力も素晴らしいから今回とても助かりました。是非、アクション女優を目指してほしいです」。

本作でまた新境地を開拓したと言われる黒沢監督。その手応えを聞いてみた。「日本の若い20代の俳優がすごい力を持っていることは、1つ前の『贖罪』(09)で感じたんです。だから、今回絶対いける!という確信がありましたが、やっぱりいけました。若い俳優は日本映画の財産です。若くしてスターになったことはとても良いことで、すごく責任感があり、勉強もしているし、演技も本当に上手い。日本映画をこれから支えていく存在です。今回、彼らとやったことで、これからも映画でいろんな可能性を試せるなと思いました。そういう意味で、僕の新境地かもしれません」。

カンヌ、ヴェネチア、ベルリンなど、各国の映画祭で評価されてきた黒沢監督と、若手スターのなかでもダントツの人気を誇る佐藤健と綾瀬はるか。このドリームタッグによる『リアル 完全なる首長竜の日』は、それぞれの能力の相乗効果が実を結んだ渾身の作となった。【取材・文/山崎伸子】