米国で拡大する「自転車シェア」

ざっくり言うと

  • 27日、NY市内で自転車を共有するプログラムが始まり、約6000台が配置された
  • 年間パス購入者は約1万4000人で、1回あたり45分まで自転車を無料で利用できる
  • 利用者の反応は上々だが、事故などの危険が高まるとの議論も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング