独身者のどこがうらやましい? -「給料=自分のもの」「相手を変えられる」

写真拡大

いいよなー、独身貴族は……。飲み会などでときおり耳にするこの手のフレーズ。発言主である既婚男性の真意は一体どこにあるのだろうか? 揶揄なのか、それとも羨望なのか? マイナビニュース会員の既婚男性200人に聞いてみた。

Q.独身の友達がうらやましいと思うことはありますか?

はい 24%

いいえ 76%





Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)それはなぜですか? どんなところがうらやましいですか?



■”給料=自分のもの”だから

・「給料を全部自分で使える」(39歳男性/通信/営業職)

・「無駄遣いしてもいいところ」(35歳男性/機械・精密機器/事務系専門職)

・「好きなものを好きなときに買ったりしてるのを見て」(40歳男性/自動車関連/技術職)

・「お金が自由に使えるので、趣味に全力で取り組んでいるところはうらやましい」(29歳男性/情報・IT/技術職)





■時間が自由

・「自分の時間がたくさんある」(39歳男性/不動産/事務系専門職)

・「ときどき、自分だけの時間が欲しいと思う時があるから」(46歳男性/その他/事務系専門職)

・「自由気ままに時間が使えて、趣味に生きているから」(52歳男性/電機/技術職)





■とにかく気楽そう!!

・「自分の思い通りにできるから」(37歳男性/情報・IT/販売職・サービス系)

・「自由に暮らしているから」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「気楽そう」(45歳男性/農林・水産/技術職)

・「縛りが少ないところ」(27歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「気ままに生活ができる。新しいことを始めやすい」(44歳男性/自動車関連/技術職)





■行動が制限されない

・「自由に飲み会に行ける」(30歳男性/学校・教育関連/技術職)

・「いろいろな出会いを体験できるから」(31歳男性/機械・精密機器/技術職)

・「旅行にいつでも行けたり好きなものが買えたりするから」(32歳男性/情報・IT/技術職)

・「一人旅をしているとき」(45歳男性/建設・土木/技術職)





■恋愛だって自由!!

・「かわいい子に巡り会うことができるから」(31歳男性/不動産/専門職)

・「もう一度自由に恋愛したい」(31歳男性/金融・証券/営業職)

・「相手をいつでも変えられるところ。子供がいないので身軽」(38歳男性/無職)





■総評

独身の友人をうらやましいと感じたことがある男性の割合は24%。そして、その理由は女性版アンケートと同様、ほぼすべてが「自由」にまつわるものだった。まずは「お金」に関する自由。家計を支える立場になれば、稼いだお金を自由に使うことは当然難しくなる。「給料をすべて自由に使える」「趣味にお金をつぎ込める」など、独身者ならではの自由を、夫たちは相当うらやましく見ているようだった。

また、男性は女性以上に”ひとりの時間”を必要とするらしく、「気ままに好きなことをしているから」「自分だけの時間を楽しんでいるから」など、独身者の「時間」的な自由を挙げている人も少なくなかった。実家住まいにしろひとり暮らしにしろ、独身であれば平日の帰宅時間も休日の過ごし方も、自分の好きなように決められる。確かに既婚者にとっては得にくい自由かもしれない。

このほか、「相手をいつでも変えられるところ」「もう一度自由に恋愛したい」「たくさんの出会いがある」といった「恋愛」の自由をうらやむ声も多かった。独身男性からすれば「そんなに簡単じゃない!!」などという嘆きが返ってきそうではあるが……。

調査時期: 2013年4月5日〜2013年4月9日

調査対象: マイナビニュース会員

調査数: 男性200名

調査方法: インターネットログイン式アンケート