『アメアイ』ランディ・ジャクソン、番組降板について語る

写真拡大

今年でシーズン12を数えた米FOXのオーディション番組『アメリカン・アイドル』。2002年の番組開始時から審査員を務めてきたランディ・ジャクソンが、ついに番組を降板したことは、先日お伝えしたが、そのワケを本人が語ったという。

今シーズンは視聴率低下が止まらず、過去最低の数字を叩き出してしまった『アメアイ』。そのため、ランディの降板も、「番組を下されたのか?」「嫌になって自ら去ったのか?」と、様々な憶測が飛び交っていたのだが、どちらでもなかったそうだ。

ABC Newsのインタビューに応じたランディは、今シーズン限りで降板した理由について、「なぜ今になって辞めたかなんていう話じゃない。この番組でこれまでずっと長いことやってきたのだからと思っただけだ」と、潮時に感じたことを明かした。

ここ数年はたびたび審査員が入れ替わってきた『アメアイ』だが、シーズン1から長年一緒に審査員を務めたポーラ・アブドゥル(シーズン8まで)とサイモン・コーウェル(シーズン9まで)が、次々と番組を去ったこと時のことについては、「受け入れ難い変化だったことは間違いない」と振り返ると、「みんな審査員を大げさに扱いすぎだ。そのせいで候補者への関心が十分でない」と問題点を指摘した。

今シーズンはマライア・キャリーとニッキー・ミナージュの確執がメディアで大きく取り沙汰されるなど、審査員の話題は豊富だった一方で、候補者の話題はさほど上らなかったのも事実。来シーズンは、審査員を全て元候補者にする案もあり、より一層候補者にフォーカスした番組再編が目論まれているようだ。

来シーズンの『アメアイ』新・審査員に就くのは誰なのか。今のところ、『アメアイ』出身でオスカー女優ジェニファー・ハドソンとは契約に至ったと報じられているが...?(海外ドラマNAVI)



■関連記事
視聴率不振の『アメリカン・アイドル』の来シーズンはどうなる? 米FOX重役が語る
『アメリカン・アイドル』開始時からのレギュラーだったランディ・ジャクソンが、審査員を辞めることに
視聴率低下が止まらない『アメリカン・アイドル』、来年に向けて審査員は全員クビに!?