今年の梅雨は長め。雨量は平年より多く、梅雨寒の地域も

写真拡大

ウェザーニューズは5月27日、今シーズンの梅雨の季節における降雨傾向を発表した。全国的に雨量は平年より多い傾向で、梅雨の期間も長めだという。

同社は、今年は西〜東日本の広範囲で、平年よりかなり早く梅雨入りすると予想している。早いところでは10日ほど早く、活発な梅雨前線の影響を受けるという。そのため、梅雨の雨量は全国的に平年より多くなる見込み。

今年は梅雨入りが早いため、6月中も平年より雨量の多くなる時期があり、梅雨の前半と後半に2度、雨のピークがあると予想している。特に7月上旬は、今年も各地で梅雨の雨量がピークを迎え、活発な梅雨前線の影響で、西〜東日本の広い範囲で大雨になる見通し。その影響で、土砂災害や浸水などが発生する恐れもあるという。

また、6月下旬には一時的にオホーツク海高気圧が強まり、東北太平洋側〜関東地方は梅雨寒の時期があるという。

今年は沖縄・奄美で平年より遅い梅雨入りとなった。しかしその他の地域では、太平洋高気圧が強まり梅雨前線が本州付近まで北上する影響で、平年より早く梅雨入りするところが多いという。梅雨明けは全国的に平年並みになると予想しており、夏の訪れは西〜東日本で7月中旬、北日本で7月下旬になる見込み。

なお、最新の気象情報は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」や携帯サイト「ウェザーニュース」で随時公開している。