楽天銀行、「証券口座かんたんログインサービス」の提供を開始

写真拡大

楽天銀行と楽天証券は28日、口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用中の顧客を対象に、楽天銀行の「ユーザID」及び「ログインパスワード」を利用して楽天証券の証券口座へログインをする事ができる「証券口座かんたんログインサービス」の提供を開始した。

これまで、楽天銀行口座から楽天証券口座へログインを行う際には、楽天証券の「ログインID」及び「パスワード」の入力が必要だったが、このたび顧客の利便性向上を目的とし、楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用中の顧客に対して、「証券口座かんたんログインサービス」としてサービスの提供を開始した。

利用できる顧客楽天銀行と楽天証券の口座連携サービス「マネーブリッジ」を利用中の顧客

サービス概要楽天銀行の「ユーザID」及び「ログインパスワード」を利用して、楽天証券口座へ「ログインID」及び「パスワード」の入力なしにログインができるサービス

注意マネーブリッジの設定を解除すると、自動的に「証券口座かんたんログインサービス」は利用できなくなる

楽天銀行ではサービスの開始を記念して、キャンペーン期間中に「かんたんログイン」を行った場合、1回のログインにつき楽天スーパーポイントを1ポイント(最大10ポイント)付与するキャンペーンを実施する。同キャンペーンには「ハッピープログラム」へのエントリー及び「マネーブリッジ」の申込みが必要

楽天銀行および楽天証券は、今後もさらに連携を強化し、従来のネット銀行やネット証券にはない、付加価値の高いサービスをより多くの顧客に提供していくとしている。