ローソン、岩手県産の麺を使用した”本場”「盛岡冷麺」を東北限定で発売

写真拡大

ローソンは5月28日に、東北地区のローソン店舗849店(2013年4月末現在、ローソンストア100除く)で、岩手県で製造された麺を使用した“本場”の「盛岡冷麺」を発売した。

盛岡名物“盛岡冷めん”は、小麦粉とでんぷんを原料にした半透明で非常に弾力のある麺が特徴。「名物」といった表示は、公正取引委員会によって基準を満たしていると判断された場合にのみ使用でき、盛岡冷めんはご当地麺として承認されている。

同商品は、岩手県の兼平製麺所で製造された麺を使用した盛岡冷麺。原材料や製造方法など様々な基準を満たした”本場”の盛岡冷めんで、スープはコクとうまみたっぷりのスタンダードな牛骨ベースのもの。また、“盛岡冷めん”には欠かせないキムチ、チャーシュー、ゆで卵、きゅうり、ゆでもやし、ねぎもトッピングしている。

同商品の価格は498円。東北地区のローソンで販売する。