矢口真里の「離婚と今後」を占ってみた

 こんにちは。占術研究家のエル・アシュールです。

 今回は、不倫騒動でお騒がせ中の元・モーニング娘。の矢口真里さんの出生図を読んでみました。

 太陽はギリギリ山羊座にあります。星座の後半の境目は次の星座の影響を帯びますので、山羊座のしっかり者で忍耐強い面と、水瓶座のさっぱりとして自由な雰囲気の両方を持ち合わせています。

⇒矢口真里(1983年1月20日生まれ、水瓶座)の出生図 http://joshi-spa.jp/?attachment_id=15416

 ご主人の中村昌也さんが日本テレビ系「行列のできる法律相談所」に出演した際、「『主婦本とかを出して売れるのは今じゃない』、『今産んだら(芸能人の)出産ラッシュと当たる』」などと矢口さんの戦略的な部分を暴露? したそうですが、そのあたりは、出生図と照らし合わせると「わかるわかる〜」という感じ。

 太陽は権力の星・冥王星と90度、なかなかの野心家です。目的のためには手段を選ばず、多少の犠牲もいとわないという人で、物事の見方は現実的でシビアです。計画性もあり、合理的で実務面にも強いので、商売や事業家としての手腕もありそうです。同番組では、中村さんがバラエティ番組に出演する際には矢口さんからアドバイスを受けた話も披露していたそうですが、番組でのリアクションなども決して「素」ではなく、いろいろと考えているのでしょうね。

◆愛情の星・金星が暴走しがち

 では、なぜ、今回の騒動の発端となったような軽率な行動をとってしまったのか?(あくまでも報道なので、真相は不明ですが……)を星で分析してみると……。

 占星術で愛情問題に強い影響を与える星は金星と火星です。矢口さんの愛情の星・金星は自由で束縛を嫌う水瓶座。

 博愛主義的な愛情の持ち主で、友情と恋愛の境目が曖昧。恋人や夫がいようとも男友達と遊んだり、連絡をとるのも平気というタイプです。常識やモラルにもとらわれないので、不倫や三角関係などに関わりやすく、しかも、矢口さんの金星は、出生図で他の天体と一切関わりを持たないノーアスペクトで、この星が暴走しがち。愛情面における独立心や博愛主義的傾向がいっそう強まります。

 また、水瓶座は独自性を重んじ、個性を大切にする星座なので、ここに愛情の星が入ると、「恋愛して相手の色に染まるなんてありえない、あくまでも私は私」というスタンスになります。

 どんなに好きな相手であっても、自分と相手との境界線を超えてとことん求め合い、深く愛しあうという情念的な恋愛やベッタリとした関係は苦手。愛情は広く平等に外へと向けられます。

 愛情面を司るもう一方の星・火星は魚座で、優しくてピュアな雰囲気を持つ男性に弱く、親切にされたり、甘い言葉をささやかれると、グラッと傾きがち。火星は、土星、ドラゴンヘッドと綺麗な正三角形を描いているので、男性ウケは良く、モテる人でしょう。火星が魚座にあると流されやすく、性衝動は受け身になりがちですので、口説いたのは矢口さんの方からではないのかも。

 金星、火星ともにサービス精神が旺盛で、人類愛、人間愛的な愛情を持つ星にあるので、フランクで口説かれ上手なことは確かです。

⇒【後編】へ続く「中村昌也は”我慢する”側の星回り」 http://joshi-spa.jp/15401

<TEXT/エル・アシュール>

【エル・アシュール】
占術研究家、神秘学研究家。日本占星学会主任講師。ACC認定エンジェリックチャネラー(R)。
1998年より占術家としての活動を開始。雑誌やWeb等各種メディアで占い記事の執筆、ケータイ3キャリア公式占いサイト『宿縁の絆』『天使の預言』の監修を行う一方、 占星術やエンジェルオラクルカードの講座、ライフパーパスリーディング、エンジェル・リーディングなどの個人鑑定も行う。著書に『エンジェルカード・レッスン』(鉄人社)『ギリシア神話守護神占い』(青春出版社)、監修本に『奥様は魔女超シアワセ恋愛魔法BOOK』『スターウォーズ24キャラ占い』(講談社)がある。
公式HP Angelic Guidance〜天使の導き〜 http://synastryhouse.com