安倍政権で成長戦略の起爆剤ともいわれている「クールジャパン」。日本の文化やファッション、アニメなどを海外に発信するものだが、すでに500億円規模の官民ファンド「クールジャパン推進機構」の発足が決まった。首都圏にあるコスプレ衣装会社の関係者がいう。

「海外では日本のオタク文化の人気がさらに高まっています。フィギュアやコスプレを楽しむ文化が広まったわけですが、やはり本場日本からの輸入にこだわる人が多いようです。セーラームーンのコスプレなんかは人気で品薄状態。そうしたグッズは4、5年前まではアメリカからの注文が大半を占めていました。最近は円安ということもあり、イタリアやオランダなどのヨーロッパからも注文が入っています」

 そのクールジャパン戦略の急先鋒といわれるのが、若手女性歌手のきゃりーぱみゅぱみゅだ。ロンドンやパリでのコンサートを成功させた彼女は、外貨を集めるキーパーソンになると見られている。

「国内の大手旅行代理店は、海外のきゃりーファンを原宿や渋谷に呼ぶツアーを続々と予定している。円安を利用して外貨を集める計算です」(広告代理店マン)

※週刊ポスト2013年6月7日号