自伝を発表するリア・ミシェルPhoto by Steve Granitz/WireImage

写真拡大

米大ヒットドラマ「glee/グリー」のレイチェル役で知られる米女優リア・ミシェルが、自伝「Brunette Ambition(原題)」を2014年春に刊行することがわかった。出版する米ランダムハウスのレーベル「ハーモニー・ブックス」から正式に発表された。

プレスリリースによれば、同書は「自伝とハウツーとスタイルブック」を兼ねた内容になり、米ニューヨーク、ブロンクス出身の少女がブロードウェイの子役、そして超人気テレビシリーズのスターになるまでが綴られる。

ミシェルは声明のなかで、「私が子どもの頃、自分が今のポジションに到達するためにやるべきことを教えてくれるガイドブックはありませんでした。自分ならそれに近いものを書けるのではないかと思ったのです。ショービジネスで成功するためのハウツーというよりも、夢を叶えるために、いかにして自分の執念や情熱、努力をコントロールして生かすかについての本です」と語っている。

■関連記事
マックG監督、映画版「春のめざめ」主役に「glee」リア・ミシェルを熱望
イギー・ポップがMDMAでの恐怖、ボツにした自伝映画を語る
「glee」レイチェルのゲイの父親役にジェフ・ゴールドブラム
大御所ベット・ミドラーがオファーを快諾 「glee」ゲスト出演へ
「glee」リア・ミシェル、ブロードウェイ俳優の恋人と破局